就活

就職・転職に役立つ!採用官から高評価を引き出す志望動機の書き方5ステップ

投稿日:

スポンサーリンク

f:id:akipippo:20160916145652j:plain

就職、転職活動中の皆さん、志望動機の書き方を誤解していませんか?

「まず業界とその企業のHPを見て研究、、、それを自分のやりたい事と紐づけて・・・最後に意識の高い文章で締めくくる・・・完璧!」

そうしてできたものがこんな感じでしょうか?

私が就職活動において常に考えているのは、今後の人生でどれだけ自分の仕事に やりがいを感じ誇りを持って仕事をしていけるかということです。 貴社は、社会貢献度が高く、公共性の高い仕事をしているので 私はこれからの人生を費やす価値が貴社にはあると考え志望させて頂きました。 (WEBより抜粋)

こんな志望動機書いていませんか?

残念ながら、この志望動機では志望企業から確実にお祈りされてしまいます。。。

なぜなら「あなたの人生」が見えてこないから、そして「他の企業でもいいじゃん」という突っ込みを採用官にさせてしまうからです

今回の記事では、読んだだけで採用官から高い評価を引き出す志望動機の書き方を紹介していきます。

採用官を惹きつける志望動機の構成・書き方を習得したい方は、必ず最後まで目を通して下さい。

志望動機の書き方5ステップ

志望動機をESに書く際にも、面接で聞かれる際にも5段階に分けます。

面接では聞かれたことだけ答えるようにしましょう。実際の5ステップはこちら。

f:id:akipippo:20160916124728j:plain

f:id:akipippo:20160916124747j:plain

①将来何を成し遂げたいか

就職するうえで成し遂げたい事・夢は何でしょうか?企業選びのポイントを考えていきます。

「今までの人生で、幸せを感じた時はいつ」でしょうか?そこからヒントを得て、成し遂げたい事・夢を探しましょう。

考えてみてください。「過去の人生で楽しかった瞬間」はいつだったでしょうか。おそらく「自分の好き・得意な事で結果を出した時」では?

自分の強み・長所を客観的に分析する所から就活のスタートになります。

自分の強み・好きな事を基礎に、将来やりたい事を模索していきます。

②きっかけとなる経験

上記の成し遂げたい事・夢が形成されたいきさつを話しましょう。

あなたの育った環境や、中高時代に取り組んだ事を引き合いに出すと深さが出ます。あなたの事をより深く理解してくれます。

といっても色々な経験を積まれて、どれが①につながっているのか判らないものです。

実際に私もこの本を使って、自分の過去を掘り下げました。項目が細かく分かれているので、「こんな経験そういえばあったな・・」など自分でも把握していなかった過去を見つけることができます。

これ一冊やれば、きっかけとなる経験は見つかるでしょう。

ただかなり分量が多いので、取捨選択して読むのがいいと思います。

③具体的に取り組みたい仕事

その業界で具体的にどんなビジネスをしたいですか?

その業界での仕事を理解できていますか。面接で話せますか。そしてその仕事は①にしっかり関連していますか?

 意外にも、入ってどんな事をしたいか聞かれて答えられる学生は少ないのです。

④他に受けている業界

上記①~③のロジックで他の業界も受けている事を明言しましょう。視野が広い学生と評価を受けます。

逆に、「御社の業界しか見ていません!」と発言し、志望度の高さをアピールする事はマイナスになりかねません。

そもそも視野が狭すぎるし、一つの考えに固執してしまう人間という印象を与えてしまいます。

⑤他の業界ではダメな理由

④であげた業界でなく、当業界を第一志望とする理由が挙げられますか?

銀行でなくて?コンサルでなくて?商社でなくて?相手を説得できるだけの回答を準備していきましょう。大人の人に添削お願いするのもいいです。

これをすぐに面接の場で回答、明言できる学生は少数です。

このロジックツリーで、今までの人生を整理してみましょう。

ロジックを面接前にしっかり組んで、面接ではこのツリーの枝葉を小出しにして話すのです。

全部一気に話す必要はないと思う。

例えば

「君は何をしたいのか」⇒①

「なんでそう思うようになったのか」⇒②

「他はどんな業界受けているのか」⇒④

「なんで銀行でなくてうちの業界なのか」⇒⑤

このように採用官が聞きたい事を聞くので、そのたびに小出しにしていきましょう。

5ステップをしっかり組んでいれば話に一貫性が出て、採用官も必ず納得します。

この一貫性がとても大事です。

最初から最後まで、話が一本の太いロジックで通っている。採用官を説得するには面接前までの志望動機5ステップの完成度にかかっています。

 

スポンサーリンク


 

業界の内、当社を志望する理由

5ステップのロジックを組めたら、次が最終ステップ。

「なぜその業界の中でも当社なのか」です。

1.企業の得意分野で語る

2.社風・企業理念で語る

3.働く人で語る

もう業界まで絞り込んでいますから、あとはその中でどの企業をチョイスするかだけになります。

ここまでくれば、上記1~3の理由で説明できるでしょう。

注意したいのは1~3の前にOB訪問をして、しっかり説得材料を用意する事です。

5ステップ、さらに業界の中でその企業を選択した理由を詰めていきましょう!

就活で最も大事なこと

それは自分に嘘をつくことなく「本当にやりたい事、成し遂げたい事を見つける」ことです。つまりさっきの5ステップの内

f:id:akipippo:20160916143247j:plain

f:id:akipippo:20160916143256j:plain

赤丸で囲まれた二つのステップを必死に考え抜き、あとはそれに関連する業界を受け、OB訪問をして説得材料を増やせば、受かる可能性が高くなります。シンプルです。

この記事を読むとテクニックくさいなあ、と感じるかもしれませんが本質は「何をしたいのか」、「なぜそうなのか」を見つけ、自分が幸せになれる業界、企業に就職しよう!ということです。

是非、参考にしてみてください!

スポンサーリンク
運営者
f:id:akipippo:20161028140835j:plain
Logpose運営者

月間20,000PV。非有名大学でしたが、在学中に自身のキャリアをデザインする事で最難関企業に内定。

北欧の働き方に憧れており、将来は移住したい!

広告掲載のご案内

*当ブログはGoogle AdSenseを利用しています。
*当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝し、商品にリンクをすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された、アフィリエイト宣伝プログラムである「Amazonアソシエイト・プログラムの参加者」です。

-就活

Copyright© Logpose , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.