オピニオン 就活

リクラブは就活を甘くみた学生を失敗へと誘う虚構だよ。

投稿日:

スポンサーリンク

f:id:akipippo:20170211170543j:plain

忙しい就活生にとって、恋愛をしている時間はなかなか取れないかもしれない。

ES仕上げ、webテスト勉強に励み、OB訪問して情報交換・・。

それでも抑圧できないのが若いってもんでしょ?

ぼくが就活をしている時も、周りの友人は

「リクラブでワンチャン!!」と鼻息荒く、GD後のLINE交換に勤しんでいる者も少なからずいた。

女子の友人に関しては「あの企業の社員と寝てしまった」という衝撃的な話を酒の席で聞くことも・・。これって意外とあるんですよ・・。

しかし断言して言える事は、リクラブは虚構だ、ということ。高い確率で後悔するよ。

リクラブの真実:女子大生と社員編

就活を進めていく中で、憧れの企業というものが出てくると思う。

そして、憧れの企業の社員ともなれば、羨望の眼差しを送り、是非とも話しを聞いてみたい!と目を輝かせて女子大生はアポを取る。

実際、有名企業の1,2年の社員なんて学生と大差ない、少し歳をとっているだけの人間にも関わらずです。

OB訪問として、女子大生は有名企業の社員さんと丸の内の綺麗なテラス席でランチを頂きます。

いつもと違う景色。まぶしいオフィス街。目の前には憧れの企業の社員さん。

「私は〇〇を通して社会貢献したいんです!」

「ES添削していただけますか?!」

女子大生は必死にアピールし、それに対して丁寧かつドヤ顔で返すOBの皆様。

さらなる羨望の眼差しを送る女子大生の皆様。気をよくしたOB達は、さらにこうたたみかける。

「もしよかったら今度ディナーでもどう?会社のこともっと詳しく教えてあげるよ。」

こんなこと言われたら女子大生は行くしかなくなるよね。

さらに教えてくれるというのに断るのはおかしいし、それがもしかしたらリクルーターの紹介かもしれないわけだ。ゼロコンマ1秒で快諾の返事をします。

そして、日を改めてディナーに行き、そこに鎮座する日本酒に飲まれ、ホテルへとゴールインしてしまうのであった。

社員との一夜の過ちの原因

・上下関係からくる断りづらさ

・社会的信用、憧れ

社員との過ちを犯してしまう女子大生に、その原因を問うてみると、上記2つを話してくれた。

教えてくれるっていうんだもん、ついて行くでしょ?

全員が全員そういう社会人ではないが、実際に聞く話なので注意したい。

さらに社員がゼミのOBであったり、サークルの先輩だったりするとなおさらディナーの誘いも断りづらくなる。

一度ランチの時間を取り、訪問を承諾してくださったOBを無下にはできない。

でもよく考えてみると、終業後に女子大生を誘うなんて絶対に下心があると思った方がいい。普通のOB訪問は昼間ですよ。

社員との一夜限りの関係は、人によってはデメリットは無いかもしれません。「有名企業の社員と寝れてラッキー☆」と、暇な女〇大生的発想もできなくはないかもしれない。

しかし多くの女子大生は面接時に、一夜を共にした彼の顔が浮かび集中できないのではないかな?あげくの果てに落とされてしまったら。。まあいい思い出にはならないでしょう。

 

スポンサーリンク


 

リクラブの真実:就活生同士の例

就活生同士はリクラブの例としては一般的です。

就活という共通の敵が存在し、仲間意識が芽生えやすい。さらにインターンといった長期間一緒に作業する期間が長く、信頼関係も芽生える。

恋愛に発展することも、特段珍しいことではないかもしれない。

就活生同士のリクラブの末路

f:id:akipippo:20170211170646j:plain

共倒れが圧倒的に多いです。

就活は3月になると途端に忙しくなり、まずお互いのスケジュールを合わせるのも至難の技だ。

会う時間を取れたしても、自分と向き合い自分のことを深く知らなければいけない期間に、よく知りもしない新しい恋人を分析してる暇はないはず。

お互いの選考の進捗具合を報告しあい、最初は応援しているつもりでも、自分がうまくいかなくなった途端に相手の進捗が煩わしくなる。

「どうしてあいつだけうまくいくんだ。。」そんな気持ちに苛まれてしまう。

リクラブで成功する奴は元々デキル人達

じゃあ共倒れ以外に結末はないのか、といえばそうでもない。両方しっかり結果を出して希望企業の内定を獲得するリクラブカップルもいる。

でもよく考えてみてほしい。

多忙を極める就活でお互いを励まし、会う時間を捻出し相手の選考の進み具合を聞いても最後まで応援できる人たち。いわゆる「元々デキル人たち」だ。余裕が違うのである。

こういった数少ないリクラブ成功例を甘く受け止め、私も俺もと就活市場を恋愛市場と捉え間違える就活生は毎年少なからずいる。

半年といった短い期間だから、大多数の凡人は脇目も振らずに己を見つめ直すために自分1人の時間を大切にし、就活に邁進する方がいい。

色恋沙汰にうつつを抜かしてるとファーストキャリアの良いスタートがきれなくなるよ。

スポンサーリンク

このブログの運営者
f:id:akipippo:20161028140835j:plain
ピッポ

月間20,000PV。非有名大学でしたが、在学中に自身のキャリアをデザインする事で最難関企業に内定。

北欧の働き方に憧れており、将来は移住したい!

ピッポの詳細プロフィール

広告掲載のご案内

*当ブログはGoogle AdSenseを利用しています。
*当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝し、商品にリンクをすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された、アフィリエイト宣伝プログラムである「Amazonアソシエイト・プログラムの参加者」です。

-オピニオン, 就活

Copyright© Logpose , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.