OB訪問 大学生 就活

情報戦を制するものが就活に勝つ!なぜ内定が欲しいのにOB訪問しないの?【ビズリーチキャンパス】

投稿日:

スポンサーリンク

f:id:akipippo:20170131100615j:plain

※この記事は2017年3月23日に更新されています。

いきなりですが、就活は情報戦の側面がかなり強いゲームです。

・漫然と就活していて、選考情報が入ってこない

・ 自分が希望する企業に入社した先輩が周りにいない

・憧れの企業はあるが、対策を真剣にしていない

もしも上記に当てはまる人は、就職活動自体を今すぐ見直した方がいいかもしれません。

今回は、質の高い情報を手に入れ、内定をぐっと引き寄せる方法を紹介します。

内定を切望しており、この方法に興味がある方は最後まで読み進めてください。

あなたが内定取得に苦戦する決定的な理由

就活は学歴や語学、資格、学生経験など多くの要因によって合否が分かれるものです。

しかし、超トップ層の学生を除いて、学生間に大きな差なんてありません。

どういうことかというと、大多数の学生にとって、合否の大きな分かれ目になるポイントは別にあるんです。

良くも悪くも就活は情報戦の側面があり、選考のポイントや雰囲気、気を付けるべき点を知っていると対策も立てやすい。

その結果、もちろん内定率も上がります。

つまり、難関企業に内定する学生はもれなく、質の高い情報(選考情報・求める学生像)を持っているから内定するんです。

情報を持っているか、持っていないか、そのシンプルな差が最後の決め手になります。

情報を持たずに就職戦線に出向くにはあまりにも無謀。この事実をしっかり受け止めましょう。

質の高い情報はどこに集まるのか

f:id:akipippo:20161028140835j:plain

でも、質の高い情報ってどこに集まるんだよ・・。

確かにネットの情報はいくらでも手に入れられますが、匿名の誰かからの情報に信ぴょう性は薄いかもしれません。

どこの馬の骨かもわからない人の情報はちょっとね・・。

もう一つ考えてほしいのが、希望する企業の選考情報や気を付けるべきポイントを一番良く知っている人は、間違いなくその企業に勤めている社員ということです。

だってかつての内定者ですから。

・信頼できる生の情報が聞ける

・質が最も高い情報を持っている

二つのポイントを網羅している方法、それはOB訪問です!

OB訪問は本来、ハードルが高いもの

一般的に、

➀目当ての先輩が見つからない

➁時間もお金も余分にかかる

➂知らない先輩と二人で食事に行くなんて気が引ける

etc

と感じる学生が多いので、驚くほどに実践している学生は少ないのが現状です。

あれだけ大事だといわれているのに、OB訪問している学生は少ないです。

逆に言えば、ちゃんと行動に移している学生は、質の高い情報を集め、内定をぐっと引き寄せています。

ぼくもめんどくさがりなタイプで、いい方法はないのか、探し回ったものです、、。

さらに、一番の問題は「OBとのつながり」

連絡を取れる相手のいない、コネなしの就活生は絶望です。

「連絡取れる先輩もいないから、あの有名企業はちょっと敷居が高いな・・。」

と感じ、エントリーさえ二の足を踏んでしまう人って意外といるんです。

もし、手軽に連絡できるOBさえいれば・・・。

安心してください。

効率的に、手軽にOBと会える画期的なサービスが見つかりました!

ビズリーチキャンパスでOB訪問

f:id:akipippo:20161103123051j:plain

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

大学別に、OBOG訪問の機会を提供してくれるサービスです。

同じ大学出身(サークル、ゼミ)の先輩にキャリアの悩みや不安、所属企業の話について相談することができる

登録OBは7000人以上を超えます。

バックグランドが多様なので、自分に似たような学生時代を送ってきた先輩を見つけられます。

f:id:akipippo:20161118204923p:plain

でも、外コンといった採用人数の少ない外資系企業のOB・人気企業の総合商社の社員なんてそうそう見つからないよ・・

心配いりません!

ビズリーチキャンパスに登録している社会人の勤め先は、

国際機関、官公庁、東証一部上場企業、外資コンサル、外資企業、総合商社、大手広告、ITベンチャー等、多岐にわたります。

今の時代は、特別なコミュティに属していなくても簡単に会えるんです。

体育会、有名ゼミ、でなくても全く問題ないなんていい時代ですね。

ビズリーチキャンパスのメリット

❶OBOGを探す手間が省ける

❷就活支援課でOBOG名簿を探す時間を節約できる

❸普段出会えない、有名企業在住の先輩に出会える

ぼくは最初の頃、就活支援課にいちいちアポ取りをしていたので、かなり時間と労力を食ってしまいました。。ああ、あの時間もったいなかったなあ。

OBOGに電話やメールするの結構面倒だったり・・

こんな人におススメです

❶自分のコミュニティに目当ての企業(外資系企業)に属するOBOGがいない

❷探すのがめんどくさい!

❸アポ取りの電話やメールが時間かかって嫌いだ

このOBOG訪問に関連するサービスが出てきたのは、この1、2年の事です。

WEB上でマッチングできるなんてめちゃくちゃ便利。

就活支援課でのオフラインの手続き、めんどくさいですからね。

 

スポンサーリンク


 

たったの3ステップでOBに会いに行く!

OBに会いに行くまでにたったの3ステップを踏むだけです。自分でツテを探して約束を取り付ける事の10倍は楽です。

ステップ1

自分の大学のURLから基本情報を入力する。約2分。

ステップ2

気になる先輩を見つけたら、「話を聞きたい」ボタンをクリック。

話を聞きたい企業に勤めている先輩のボタンを押します。

ステップ3

先輩とマッチングしたら、早速やり取りをスタート。

メールなどを介さずにそのままチャットに入れて、約束を取り付けられます。

登録している先輩方は面倒見のいい人ばかりなので、よほど失礼なことが無い限り快諾してくれます。

 ビズリーチキャンパス利用者の声

自分と同じようなバックグラウンドの先輩からのアドバイスは、ネットの一般的な情報よりも信頼できる感じがして、とても参考になりました。(慶應義塾大学・女性)

話の内容はもちろん、その先輩の雰囲気で業界や会社との相性が分かる場合が多く、直接会うことに価値を感じました。(東京理科大学・男性)

客観的な視点でのフィードバックをもらえるので、とても参考になりました。(早稲田大学・男性)

小さな積み重ねが、段違いの結果を生み出す

いきなりですが、就活はとても面倒です。

選考を受けに行くのにも、スーツを着て、交通費を払って、授業を気にして・・。

さらにOB訪問もしたほうがいいと・・。大変ですよね。経験者なのでわかります。

でもそういった小さな積み重ねは、後々の結果に大きな影響を及ぼすので、その努力、合っていますよ。

OB訪問ひとつとっても、しっかり足を運んでいた学生は、質の高い情報を集め、選考を有利に進めています。

結果もちゃんと付いてきていました。

OBOGが見つからない時に役立ちますので、無料登録しておいて損は無いです。

正直言って、今無料登録しておかないと、「ビズリーチキャンパス」の存在をあなたは2時間後には忘れています(笑)

いい情報を掴んだら、その場でものにしてみてください。

簡単な3ステップを踏んで、7000人以上のOBから有益な情報をゲットしましょう。

スポンサーリンク
運営者
f:id:akipippo:20161028140835j:plain
Logpose運営者

月間20,000PV。非有名大学でしたが、在学中に自身のキャリアをデザインする事で最難関企業に内定。

北欧の働き方に憧れており、将来は移住したい!

広告掲載のご案内

*当ブログはGoogle AdSenseを利用しています。
*当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝し、商品にリンクをすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された、アフィリエイト宣伝プログラムである「Amazonアソシエイト・プログラムの参加者」です。

-OB訪問, 大学生, 就活

Copyright© Logpose , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.