キャリア キャリアをワガママに

沈む泥船である銀行から、勇気を出して金融ベンチャーに転職した30代ミドルの体験談。

更新日:

スポンサーリンク

金融機関に新卒として就職後、金融ベンチャーへの転職を果たした寄稿者からの投稿です。

昨今、転職して複数の職場を経験するビジネスマンは決して珍しくなくなりましたが、30代の転職経験はまだまだ一般的でないかもしれません。

今回は元金融機関に勤めていた寄稿者が、実際に金融ベンチャーに転職を果たした体験談を投稿いたします。
銀行業務の限界を感じ、思い切って優良ベンチャー転職に踏み切った理由を探ります。

前職の概要、転職を考えた理由

大学を卒業後、地元で就職活動をし、金融機関に内定を頂きました。
いわゆる地方銀行の類です。その時代はまだまだ「銀行」が就職人気企業ランキングの常連で、特に疑問もなく就職しました。

1年目は窓口業務、2年目からは融資担当。大学では会計を専攻していたので、企業の決算書分析が生々しく、稟議書作成の際に行う財務分析に悩みつつも充実感を感じていました。

その後の異動で、本部の有価証券を運用する部署に配属に。今までとは違い外回りは無く、デスクワークのみです。

そのデスク上で企業融資とはけた違いの金額が職員の瞬時の判断で動いていくのに戸惑いを感じましたが、刻々と変わる国内外の経済や政治情勢を肌で感じながら利益を上げていく仕事に大きなやりがいを感じました。

職場の雰囲気は悪くなく(金融としては)給料は低めですが、残業も少なく、居心地は決して悪くない職場でした。

その中で転職を考えたのは将来に向けた漠然とした不安を感じたからです。
地方は人口減少・高齢化が続く中、今の会社に甘えてていいのか?という思いが芽生え始めたのです。

銀行業務は言わずもがなビジネスモデルに限界がありました。
手数料ビジネスで稼ぎはありつつも人口減少の中、モデル転換をしないといけない状況ではありながら、上層部はフィンテックの波に乗れるほどの身軽さは備えていません。

こういった銀行業の限界や金融のプロフェッショナルとして組織に過度に依存せずとも生きていけるようになりたい、という思いも手伝って、転職を決意しました。

転職活動での問題点

転職活動をするにあたり、地方在住のため、面接にすぐにいけないのがネックでした。仕事を夕方に終え新幹線に乗り東京へ面接を受け、その日に帰るということもしばしばで大変疲れました。

面接では30代ということで、やはり企業は経験を重視しているところが多かった印象です。人事の方と、採用予定部署の管理職2名で面接するパターンが多く、人事の方からは今までに仕事上で苦労した経験は?どうやって解決したか?等々ひとつの経験について次々質問され深堀りされていったのを覚えています。

採用予定部署の方からは運用商品に投資を行ってきたか?これから有望な投資先は?何故そう思うのか?等、専門知識を問われました。
その後、一番初めに内定の出た金融ベンチャーに転職先を決めました。前職での経験とニーズがマッチしたことと人手不足もあったのか、とんとん拍子に選考が進んだ印象でした。

フィンテックを扱う企業であり、自身の転職を後押しした思いの実現につながるといった理由もあり、即決。

余談となりますが大手企業の書類通過率はかなり低かったです。返事が来なかった先もありました。30代で地方金融機関から大手金融機関には、自身の経験・スキルにもよるのでしょうが、壁を感じました。
また、30代は行く先を絞らなければ足かせになる年齢ではないと思いますが、相手が第2新卒を求めているのか、経験者を求めているのかは募集要項から想定して臨んだほうが良いです。

スポンサーリンク




転職先が決まった後、周囲の反応

大変だったのは家族よりも職場への説得でした。先に述べたとおり決して職場環境が悪い訳ではなかったので転職する人間はほとんどいない職場だったのです。(転職するとしても地元の公務員位)役員等からは正直厳しい声が人を介して伝わってきました。

裏を返せば期待されていたという事だと思って開き直りましたが。

自分の求める転職は実現したか

会社の将来ビジョンに不安が残り、転職に踏み切りましたが、今の会社はまさに金融の新しい形を模索している、また新システムの構築を手掛けており、銀行業の転換に必死になって取り組んでおり満足度は高いです。

但しベンチャーのため、新しい業務が次々と舞い込んでくる中、仕事を教えてくれる人が中々いないというのが苦労している点です。自分で調べて解決していかないといけないのですが、その点も自分の力になっていると感じています。

また労働条件の確認は気を付けて行いました。今の職場は残業多いが残業代はフル支給されるのは大きいと思っています。それと今後のことを考える中で、男性も育休取得が進んでいるという点も惹かれました。30代と言えども経験に見合う業種であれば選択肢はまだまだあると思うので、過度に自分を安売りする必要は無く、条件は吟味したほうが良いです。

 

転職活動は言わずもがな仕事をしながら活動することになるので、とにかく時間がありませんし、忙しい中で、大事な決断をしなければならず冷静な判断

難しくなります。転職エージェントを利用しつくし雑務はすべて任せる、スケジュール調整、希望条件にマッチする企業の絞り込み・リスト化はやってもらいましょう。

そして年齢がネックになりやすい30代ミドルの転職ですが、何を求めて転職するのかを明確にして諦めずに臨めば、30代でも求める職場はきっと見つかります。

運営者
f:id:akipippo:20161028140835j:plain
Logpose

留学・就活を中心としたキャリア形成に関するコンテンツ作成を手掛けています。

100人限定で転職活動体験記を募集中!

簡単アンケート回答でAmazonギフト券1,000円分プレゼント致します。 よりよいキャリア形成支援の為、ご協力お願い致します。

スポンサーリンク

キャリア形成に役立つ便利サービス

Meets Company

就活は場数がものをいう。即日内定イベントで経験を積み、早めに内定を取る事で有利に就活を進めよう。

ビズリーチキャンパス

就活の情報は先輩に聞くのが一番。企業の内情はどうなのか、就活はどう進めたか。OBに会いに行けば一気に就活の戦略が見えてきます。

ビズリーチ

職場に不満がある・自分の市場価値を図りたい。そんなあなたはエージェントに会って自分の状況を客観視する事をオススメします。

-キャリア, キャリアをワガママに

Copyright© Logpose , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.