グルメ ピッポの日常 北欧

【北欧カフェ】北欧家具にこだわったカフェ・istut(イストゥット)で優雅なランチを in 荻窪

投稿日:

スポンサーリンク

f:id:akipippo:20160829101613j:plain

北欧の魅力伝え隊の切り込み隊長、ピッポです。今回は荻窪駅より徒歩5分にある、istut(イストゥット)をご紹介します!

なんとここもフィンランドカフェ。フィンランド強いですね~。

これまでノルウェーカフェの重鎮であるFuglenや、可愛らしい小物でひしめき合うフィンランドカフェmoiを視察してきました。

目が肥えてきているピッポが、今回は荻窪に切り込みます!

カイ・フランクの作品で埋め尽くされた店内

このistut(イストゥット)の店内家具、小物はある世界的なデザイナー、カイフランクによって手掛けられたものが多いです。

「カイフランク」

ヘルシンキ国立美術館で家具デザインなど7つの異なったコースを学ぶ。1945年にARABIA(アラビア)の主任デザイナー、1950年からはアートディレクターに就任し1973年まで活躍。

「大衆のためのデザイン」と「デザイナーとしての責任」を信条とし、「フィンランドの良心」と呼ばれる彼のデザインは、機能的でシンプルなフォルム。装飾はなく色彩のみで表現されたものが多く、数々の大ヒットを生み出してきた。

カイ・フランクをもっと知りたい方はコチラ↓

フィンランド デザインの巨匠 カイ・フランクの世界 -カイ・フランクの人生、そのデザイン- :Exciteエキサイトイズム

f:id:akipippo:20160829102902j:plain

f:id:akipippo:20160829102914j:plain

店内販売も行っているみたいなので、ごはんが運ばれる前に色々、手に取ってみてください!

そして相変わらずの間接照明、素敵です。

自分の部屋に間接照明導入しようか割と悩んでいます。

 

スポンサーリンク

「座る」に徹底的にこだわった店内コーデ

皆さん「istut」の意味、ご存知ですか?

これはフィンランド語で「座る」という動詞なんですよ。

そう、店内には「座る」行為にとってもこだわっているんです。

店内の椅子は一つとして同じ物はない、北欧風の椅子でそろっています!

f:id:akipippo:20160829103300j:plain

f:id:akipippo:20160829103327j:plain

とてもシンプルで、角ばっていない優しいフォルム

「今日はどの椅子にしよう。」そんなことを考えて訪れるのも楽しいですね。

「北欧テイスト」なランチメニュー

moiやFuglenと違って、メニューに関しては、北欧にこだわっていないみたいです。

僕がオーダーしたのはジンジャーカレー。

まったく北欧と関係ないですねw

なので「北欧っぽいメニューが食べたい!」と感じる人はちょっと違うかもしれません。

f:id:akipippo:20160829103454j:plain

かなり香辛料効いていておいしかったですよ。

ここの北欧カフェは椅子といい家具といい、細部までこだわりを持っています

それを探索して時間を楽しむのが醍醐味かもしれません。

関連ランキング:カフェ | 荻窪駅

スポンサーリンク
運営者
f:id:akipippo:20161028140835j:plain
Logpose運営者

月間20,000PV。非有名大学でしたが、在学中に自身のキャリアをデザインする事で最難関企業に内定。

北欧の働き方に憧れており、将来は移住したい!

広告掲載のご案内

*当ブログはGoogle AdSenseを利用しています。
*当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝し、商品にリンクをすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された、アフィリエイト宣伝プログラムである「Amazonアソシエイト・プログラムの参加者」です。

-グルメ, ピッポの日常, 北欧

Copyright© Logpose , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.