キャリア支援メディア・ログポース

留学、就活の記事を書いています。you only live onceを軸としたキャリア論を激務で有名なグローバル企業から発信しています。

MENU

OB訪問のためのメール術!第一印象を「デキる就活生」にするために必要な事

スポンサーリンク

記事を書いた人:ピッポ あとで読む

f:id:akipippo:20170216190259j:plain

OB訪問の最初のステップは、OBと連絡を取る所から始まります。

しかし、今まで学生という身分で生きてきた就活生にとって、「社会人と連絡を取り合う」という経験自体が少ないですよね?

 

・最初に送るべきメールで印象を良くするには

・失礼のない日程希望日の伝え方

・OB訪問後のお礼メールで、評価を上げる方法

 

初めてのOB訪問を控えた就活生にとって、耳よりな情報を揃えました!

 

 

OB訪問での振る舞いは、意外と見られている

「OB訪問なんて就活が本格化する前だから、多少慣れていなくてもしょうがないよね!」

「OB訪問は、手取り足取り就活情報を貰える場でしょ??」

 

このような就活生は、意識から変えましょう(笑)

OBは就活生の大学の先輩であり、そして会社の人間です。

会社によって、時期によって、OB訪問時の評価は会社に伝わるものです。

 

ぼくはある金融機関のOBに会いに行った時、あまり良い印象を持たれなかったためか、30分くらいダメだし説教をくらい、ESで落ちました(笑)

 

どうせならOB訪問で良い印象を残したいですよね?

そうであれば、最初のOBとの接触であるメールでのやり取りを完璧にしていきましょう!

 

OBへ依頼のメールを送ろう

訪問の依頼をする時、よほどのことが無い限り、メールにしましょう。

 相手は働くサラリーマン。学生の電話に対応できるほど暇ではないです。

 

メールの方がゆっくり日程調整できるので、相手のことを思いやれば、メールという選択が無難ですね。

 

メールで伝えるべき内容は、以下のようになります。

➀自己紹介

➁OB訪問をしたい旨

➂日程調整

➃相手のスケジュールに合わせる旨

 

メール例文

件名:OB訪問のお願い

株式会社◯◯ △△様

突然のご連絡で失礼致します。

××大学の□□と申します。

大学のキャリアセンターから、△△様の連絡先を紹介して頂きました。

お忙しい中、恐縮なのですが、是非、△△様にOB訪問をさせていただきたく、メールをさせていただきました。

◯◯業界を中心に企業研究をしており、貴社に大変興味を持っております。 

そこで、現場でご活躍されている△△様の話を伺いたく、ご連絡致しました。

突然のお願いで大変恐縮ですが、是非ご検討頂ければ幸いです。

よろしくお願い致します。

 

下記日程のどこかで、△△様のご都合のよろしい時間を伺うことが出来ればと存じます。

月xx日〜x月xx日 12:00-19:00

月xx日〜x月xx日 12:00-14:00

上記の時間帯から、△△様のご都合のよい日時・場所をご返信頂ければ幸いです。

お忙しい中、恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

名前

大学・学部名・緊急連絡先

 

以上が、フォーマットです!

 

訪問依頼メールのポイント紹介

「大学のキャリアセンターから、△△様の連絡先を紹介して頂きました。」

顔見知りでない場合は、どこから連絡先を入手したのかを明かしましょう。

 

「お忙しい中、恐縮なのですが、是非、△△様にOB訪問をさせていただきたく、メールをさせていただきました。」

結論は冒頭に!社会人の基本!

 

「下記日程のどこかで、△△様のご都合のよろしい時間を伺うことが出来ればと存じます。」

➡最初のメールで日時調整を行いましょう。

何度もメール交換させるのは、手間取り印象が悪い。

日程調整の際は、日時に幅を持たせ、最終決定はOBに任せるスタンスで!

相手の事を考えられている事が伝わり、印象いいです。

 

※メールを送信する時間帯も最大の配慮を!

朝早すぎず、夜遅すぎず。

社会人が勤務している活動時間帯にメールを送信する方がOBも気づきやすいです。

朝9時~夕方5時の間がベストですね。

OBからの返信が来て、日程が決まれば、確認メールを送信し、再度感謝の念を忘れずに伝えよう。

最初は丁寧すぎる方が印象はいいです!

初対面ならなおさらね!

スポンサーリンク

 

 

訪問後のお礼メールフォーマット

OB訪問が無事済めば、できるだけ早めに御礼メールを送りましょう。

 

ぼくは、OB訪問がお昼に終われば、1時間後以内にあらかじめ作っておいたフォーマットに内容を打ち込み送信していました。

 

「行動が早くていいね!」

と言ってくれるOBもいたので、遅くても翌日までには済ませてしまおう!

 

お礼メール例

件名:OB訪問のお礼 

 

株式会社〇〇部 〇〇様

 

□□大学△△学部の××です。

本日はご多忙の中、貴重なお時間を取って頂き、ありがとうございました。

〇〇様とお話しをすることで疑問に思っていた事が解決し、さらに貴社への志望度が高まりました。

 

特に、「(印象に残ったエピソード)」のお話は、非常に勉強になりました。

本日の〇〇様のお話しを踏まえ、さらに企業研究を進めて参りたいと考えております。

 

またご相談に伺う機会もあるかと思いますが、その際はよろしくお願い致します。

 本日は貴重なお時間を頂き、ありがとうございました。

 

名前大学・学部名・緊急連絡先

 

以上が、フォーマットです!

 

お礼メールのポイント紹介

「◯◯様とお話をすることで疑問に思っていたことが解決し、さらに貴社への志望度が高まりました。」

間違っても、志望度が下がったなんて言わないように(笑)

 相手も貴重な時間を割いてるわけですから、最後まで相手を敬う気持ちを忘れずに!

 

「特に、「(印象に残ったエピソード)」のお話は、非常に勉強になりました。 本日の◯◯様のお話を踏まえ、さらに企業研究を進めて参りたいと考えております。」

ここが重要です。

訪問時に話したエピソードの感想や自分がそこでどう感じたか、などピックアップしましょう。

ここで印象・評価も変わるはずです。

 

OB訪問は何度かやるはずなので、フォーマットは保存しておくと便利です。

 

内定後のお礼メールは必要か?

内定取得後にお世話になったOBへのお礼メールは悩みますよね?

必須ではないが、やっておくのが礼儀かなと思います。

 

社会に出た後もOB訪問がきっかけで、丸の内でたまにランチを食べるなんて話も聞きます(笑)

 

つながりが、どんな時に活かされるかわからないもので、最後まで印象良く、感謝の意を伝えましょう。

 

内定後のお礼メール例

 

○○株式会社
△△部 □□様


○○大学○○学部○○学科の●●●●と申します。
その節は大変お世話になり、ありがとうございました。

おかげさまで本日、貴社人事部から内定のご連絡をいただきましたので、ご報告申し上げます。
これも□□様からのアドバイスがあってこその結果だと思っております。
心より感謝いたします。

本当にありがとうございました。

 

今後は社会人としての自覚を持ち、□□様のお名前を汚さぬよう、気を引き締めて努力して参る所存です。

今後とも、ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

 

名前大学・学部名・緊急連絡先 

 

以上が、フォーマットです!

 

お礼メールのポイント紹介

訪問した先の会社が、内定先でなくても構いません。

 

ぼくが就活した際にOBに何人かに聞きました。 

あるOBの一言

「自分の会社でない所に決めたとしても、内定報告のメールがあると嬉しいものだよ。

ああ、OB訪問引き受けて役に立てたんだなって思うもん。」

 

OBの助けもあって内定が取れたと報告すれば、社会に出たばかりの不安な時期も、目をかけてくれると思います。(ぼくはそう信じています(笑))

 

効率よくOB訪問するために必要な事

 ここまで読み進めてきた方は、メール連絡術に関しては問題ありませんね。

あとはどこでOBを探すかですが、OB探しに苦労している就活生も多いのではないでしょうか?

 

・ゼミや部活のつながりがない

・OBOG名簿に目当ての社員が見当たらない

・就活支援課での手続きがめんどくさい(笑)

 

OB訪問の最大の関門は「コネクションがあるか」ですよね?

コネの無い就活生にとっては、選考を受ける以前に、その企業との接触をあきらめ、エントリーさえもしないという末路が意外にも多いんです!

 

そんな学生諸君に奇跡的なサービス「ビズリーチキャンパス」を紹介しておきます。

 

 Face book経由で自分の大学を登録するだけで、希望する企業の先輩方にWEB上でマッチングできます。

わずらわしい手続き一切なしです。

 

無料で、7000人以上のOB・OGとコンタクトできるビズリーチキャンパスを覗いてみてください。

 

f:id:akipippo:20161103123051j:plain

 

 

詳しくビスリーチキャンパスのメリットを知りたい方は、コチラにまとめてあります。

 

f:id:akipippo:20161028140835j:plain

OB訪問はやる人とやらない人で分かれるからこそ、便利なサービスを使ってさらに差をつけよう!

2