読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリア支援メディア・ログポース

留学、就活の記事を書いています。you only live onceを軸としたキャリア論を激務で有名なグローバル企業から発信しています。

MENU

2018年卒の情報解禁目前!就活解禁に向けてやるべきことを次期別に解説するよ!

スポンサーリンク

記事を書いた人:ピッポ あとで読む

f:id:akipippo:20170112175037j:plain

・3月解禁まで何をしたらいいかわからない

・3月からの具体的な就職活動はどうすればいいの?

 

多くの人にとって就活は初めての連続。上記のような不安を抱えている人が大半でしょう。

今回は「情報解禁までにやってよかったな」と感じたことや、「これはやっとくべきだったのに・・。」といった後悔をすべて書いていこうと思います。

就活をこれから始める方に特別おススメする記事です。

 

18卒の就職活動がいよいよ本格化する

18卒の情報解禁は3月。面接解禁は6月。

と言われていますが、無視してください。

一部の経団連の企業以外にとっては、ガン無視の規定です。

今の就活を取り巻く市場において、経団連にもはや拘束の力はありません。

日系企業でさえ、6月面接解禁なんて守っていないんですよ。

 

早めにインターンもしくはリクルーター面接、座談会と称し、学生と接触していきます。

いいなと思われた学生は不可視の選考ルートに乗り、6月1日に形式的な最終面接で握手します。

つまり、世間一般で言われている3月情報解禁、6月面接解禁を真に受けていると痛い目に遭うってことです・・。

 

こればっかりは就活市場のいけない所であり、採用がブラックボックス化しているという問題点なのですが、そんなの知ったこっちゃありません。

今の就活のシステムがイヤなら、就活せずに自分で食っていく手段を考えましょう。

就活というゲームに参加する以上、決められたルールをいち早く覚え、ちゃっちゃと内定取ることです。

 

3月1日前にすべきこと

履歴書のストック

多くの人がないがしろにしているのが、この履歴書の執筆。

ESとは別に履歴書を手書きで求めてくる企業がいまだにあります。

これは食品やメーカー、インフラに特に多い気がしますね。

この履歴書執筆が意外と時間使うんですよね。

できれば10枚くらいのストックを春休みに書いておくことをお勧めします

 

丁寧に書いて、誤字脱字で書き直しって考えると、かかる時間は馬鹿にならないんですよね。

選考直前は企業研究や面接対策に時間を割くべきなので、雑務に近い履歴書執筆はお早めに。

 

webテストを完璧にしておく

解禁前に一冊仕上げておく。

 

ちまたでは

「webテストはexcelの回答出回っているからそれを参照してやれば楽勝ーww」と考える輩もいるけど、まずは一冊仕上げることをお勧めしとく。

 

なぜってテストセンターではチート使えないから。

人気企業になればなるほど、自宅受験ではなくてテストセンター受験になる。

早めに自分の学力上げといた方が、のちのち捗るよ、間違いなく。

 

ぶれない軸を固めておく

3月解禁になると、皆さんの想像を軽く凌駕する忙しさになります。

連日の説明会、グループワーク、OB訪問。

尋常じゃないくらい忙しくなり、授業もこなそうものなら精神的余裕はなくなっていきます。

 

そして解禁1か月後には、周りの友人が、「外資やベンチャーで内定とったー」という報告が耳に入ってくるようになります。

そこで、「やばい・・。こんなに忙しいのに、自分は何も進んでいない・・。」というような不用意な心配事で心身を疲弊しがちです。

その結果、本来興味のなかった業界も見始めたりしてスケジュールパンクを引き起こし、詰みます。

 

ちょっと脅し気味になってしまったけど、そうならないためにも、自分の揺るがない就活の軸を作っておくことはとても大切。

 

いろんな情報に踊らされ、「あの企業も有名だから受けとこう」「友人が受けていたあの企業も一応・・。」ってやっていると際限がないです。

絶対にぶれない軸を早めに決めておきましょう。

 

OB訪問を有効活用する

総合商社志望の学生は必須。

その他の業界志望の方でも、働き方の内情を知る事ができ、自分の希望との乖離も知ることが出来ます。

OB訪問もできれば3月解禁前に志望度の高い企業はやっておくべきです。

何故なら3月解禁すると、OB訪問は学生別に評価される傾向にあります。企業も3月からは全力で学生と接触してくるので、こっちとしては気が抜けないわけです。

 

それだったら、まだまだ採用活動が活発化していない3月前にいろいろ話聞いた方が得、ということ。

「こんなこと聞いたら、変な奴だと思われるかな・・」みたいなグレーな質問もいっぱいできますよ。

ぼくは、年収の伸びとか残業の話とか3月前に聞いてました。

 

出来れば外資、ベンチャーの内定を確保しておく

自分が行きたい所でなくても構いません。

「内定を持っている」という既成事実を早めに作りましょう。

「自分が行きたいところでないと重い腰が上がらないわ!」「時間の無駄だわ!」って思うでしょうか?

 

では、ポッポを倒したことが無いポケモントレーナーが、リザードン相手に戦えますか?

 

経験値を貯める事、そして内定が一つでもあることの精神的安定・平穏は何事にも変えられない程重要です。

内定一個とって、やっと落ち着いて就活し、「本当に自分が行きたいところとは・・」と考える事が初めてできるようになります。

何が何でもこの精神的安定を、できれば解禁前に獲得してください。

 

3月1日当日にすべきこと

よくありがちなのが、情報解禁される3月1日の深夜0時に、一斉に企業の採用HPにアクセス。

サーバーダウンし、ツイッターとの行き来で進捗状況を確認して夜を明かすという伝統行事です。

 

無駄なのでやめましょう。

 

深夜にマイページを作ったとしても、説明会等の採用イベント予約はすぐには始まりません。

企業もバカではないので、アクセスが集中する1日にイベント予約ページは設けないですよ。

焦って深夜からつながらないページ相手ににらめっこするのは愚の骨頂。

寝ましょう←

といってもね、一部の企業は1日に説明会予約ページを設けるといった迷惑な行為をするところもあるので、一概には言えないんですけど。

おすすめなのは早めに寝て朝4時、5時に起きてマイページ作成作業に入るのが一番いいいかな。

あのお祭り騒ぎに巻き込まれないように。

 

スポンサーリンク

 

 

3月1日以降にすべきこと

説明会はできるだけ行くべき

 さっきと言っていることが逆行しているようだけど、自分の就活の軸にかなっている企業、業界であれば、幅広く受けろ、ということです。

もし、就活の軸が「日本の製品の良さを世界中に広め日本のプレゼンスを高めたい」

であれば総合商社だけでなく、海運、銀行、メーカーも受けましょうよという事。

就活を進めていくにつれて、志望動機も他業界を受けていく中で洗練されていくのでおススメ。

実際にどこに入社するかは、そんなの内定を取ってから死ぬほど悩めばいいです。

 

面接の振り返りを必ず

ただ企業を受験して、「あー次2次面接だー」「お祈りされたー」

といった感想しか抱かないのであれば、どこかでとん挫します。

 

なぜうまくいったのか、なぜうまくいかなかったのか、wordに書き留めておきましょう。

想定外だった質問などもメモして、志望動機のブラッシュアップ、面接での気を付けるべきポイントをストックしておきましょう。

 

できるだけ早く内定を取る

先述した通りですが、重要なのでもう一度。

小さな成功体験を積み上げて、本命企業の内定を取得するイメージを掴んでください。

そのためにはなんとしても早期での内定が必要になります。

 

精神的安定を手に入れるためにも、ベンチャーや外資系企業の選考に参加してみましょう。

 

就職相談、無料で承っています

就活に関する悩み、相談を現在先着5名を限定に無料相談承っています。

ご利用希望の方は下記リンクから連絡お願いいたします。

coconala.com

2