キャリア支援メディア・ログポース

留学、就活の記事を書いています。you only live onceを軸としたキャリア論を激務で有名なグローバル企業から発信しています。

MENU

大人からのアドバイスって本当に合ってるの?大学生が卒業までにやらなくていい事・やっておくべき事

スポンサーリンク

記事を書いた人:ピッポ あとで読む

f:id:akipippo:20161204081528j:plain

ぼくは卒業を控えた大学4年生なんですけどね、もう周りから「大学生のうちにこれやっとけ!!」みたいなお話しが多いです。

 

いや確かに時間が圧倒的になくなるであろう社会人になる前に、有意義に時間を使うべきなのはわかるんだけど。。

 

「え?本当にそれやる意味あるの?」

みたいな助言を、大人の人に言われたりするんですよね。

 

f:id:akipippo:20161028140835j:plain

いやいや、それはやる必要ないやろ。

みたいなやつ。

もしかして今卒業を控えている大学4年生もぼくと同じ状況かも?

世間一般の「これやっとかないと!」っていうアドバイスで無駄に時間を過ごしていないでしょうか?

 

今回の記事では、大学4年生が卒業までにやらなくていい事・やっておくべき事を書いていきます。

 

やらなくていい事

流されて海外旅行

 定番はこれ。

 

「時間がとにかく無くなるから、学生のうちに海外行っとけ。」

確かに時間的には厳しくなるかもしれないので行っといて損は無いでしょう。

でも本当に行きたいと思っている?

 

海外に行きたいなんて一番個人の嗜好性が分かれる所なんですけどね。

 

お金も何十万とかかる上に、準備も大変。

そのためにバイトで何十時間も消耗しているようじゃ、卒業までの貴重な時間を有意義に使っているとは思えません。

 

むしろ、本当に海外に行きたいと思っている人なら、「海外は行っとけ!」なんて言われる前に準備しだしているはずでしょ。

 

自分の内部から湧き出る欲求ならなおさらです。

ぼくは留学中に散々海外行ったので、卒業までは日本でやりたい事します。

海外旅行、意外と大変だよ?

社会に出ても海外行く機会なんてあると思います。

 

スポンサーリンク

 

なんとなくアルバイト

これもやめたほうがいい・・

f:id:akipippo:20161118204923p:plain

暇だしバイトするか

 

って発想になりがちなんですけど、それって本当に必要でしょうか。

どうしても卒業旅行までにこれくらい資金が必要で、稼がないとと思っているならいいかもしれません。

 

アルバイト先、社会から見れば大学4年生なんて都合のいい労働力でしかないのでは。

自分側だけでなく相手側に立ってみると、本当にやるべきかどうかわかってくるでしょう。

 

社会人になったら働く時間、機会は山ほどあるので、アルバイトに時間割くのは最後の手段と思っておこう。

バイトするならせめて、将来に役立つ最強のアルバイトをする事をオススメします。

 

目的のない飲み会

 ぼくは飲み会好きです。

普通に友人と集まってワイワイガヤガヤ、馬鹿な話をする。

それだけでもう楽しいので参加してよかったなって思います。

これは楽しむという目的があるので行ってOK。

 

ただ、1ミリでも「楽しくなさそう」とか「なにを趣旨した集まりなんだ・・」と感じたら参加しません。

3,4千円払って、楽しくないとかボランティアよりひどいですね。

 

 友人付き合いもあると思うけど、その飲み会3時間で3千円払うって、機会損失も合わせると6千円は損してます。

 

やっておくべき事

変わりまして、大学生のうちにこれだけはやっとくべきだ!というものを発表していきたいと思います。

上述した、やらなくていい事で消耗するなら、こっちで時間を使いましょう。

 

自分が幸せを感じる時を分析しておく

あなたはどんな時に幸せを感じますか?

彼女と過ごしている時

❷本を読んでいる時

❸サークルの仕事をして、後輩に感謝される時

 

 

こんなに具体的なものである必要はありません。要素を抽出すると、こんな感じ?

 ❶モテたい!

❷(新しいものに触れて)ドキドキしたい!

❸ペコペコされたい!(感謝されたい

  

これ、ぼくが幸せに感じる、三大欲求です。

就活の自己分析みたいなものなんですけど、これを明確にしておくと、どれに時間を割くべきか、割かないべきかが分かってきます。

 

極論、自分が幸せになるための人生なので、その都度その都度、自分が幸せになる方を選択していけばいい。

 

社会人になると時間が学生時代に比べると少なくなる。

 

これは紛れもない事実なので、その前に自分の欲求をしっかり定義しておくと、その少ない時間の中でも幸せを感じれる事に時間を割けれるようになります。

 今すぐ自己分析!

 

自分で稼ぐ能力を身に付ける

 アルバイト以外の収入源を持っていますか?

社会に出て働きだしたら、アルバイトなんてまず、できません。

 

つまり、自分の収入源を会社からのサラリーだけで賄おうとしているんです。

それってリスクが大きいとなんとなく感じているはずです。

・もし病気になって一定期間働けなくなったら

・パワハラ、セクハラによって鬱になったら

・親の急な病気・介護でお金が必要になったら

 

一つの収入源が絶たれ、上の事態が起こってしまった時、大変です。

 

上の事態が起きなくても、複数収入源があれば、精神的にもかなり楽になり、本業にも本腰が入ると思います。

 

だって、

いつでも辞める準備はできているんだ!と思う人と、サラリーマン辞めたらヤバイ・・と感じている人の精神状態の違いは火を見るより明らか。

 

時間のある学生時代に、自分で稼ぐ手段模索しておくのはありでしょう。

 

恋愛経験を積んでおく

 社会に出ると出会いがなくなる!恋愛している時間がない!

 と、、その通りではあるんですけど。

 

ぼくは別の理由で、卒業までに恋愛経験を積んでおくべきだと思います。

なにも無理に彼女を作る必要はないと思いますが探す努力はしてもいいのかな。

 

なぜかというと、社会に出ると、あなたの「バックグラウンド」や「社会的ステータス」「年収」「勤め先の会社名」等、色々な指標で異性はあなたを判断し始めるからです。

 

故意ではないにしても、知らぬ間にそういう判断しだすのではないでしょうか。

本当に「自分」という人間が好きなの?!と迷うことになる。

 

逆に学生時代は、そういうの抜きにして、「人となり」「性格」で判断して付き合う場合がほとんど。

 

プロゴルファーの石川遼君も、学生時代付き合っていた女性と結婚しているらしいですね。

プロゴルファーになって億を稼いだ後に、近づく女性よりも信頼できるなんて当たり前です。

 

 無理に作る必要はないと思うけど、ちゃんと「あなた」という人間を見てくれる人を探す努力は、無駄じゃないと思います。

2