読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリア支援メディア・ログポース

留学、就活の記事を書いています。you only live onceを軸としたキャリア論を激務で有名なグローバル企業から発信しています。

MENU

今の職場に不満を感じるなら、第2新卒としてリスタートを切らない理由が見当たらないね。【転職サイト】

スポンサーリンク

記事を書いた人:ピッポ あとで読む

f:id:akipippo:20161223222251j:plain

※この記事は2017年3月23日に更新されています。

こんにちは!社会の荒波に今まさに飛び込もうとしていますピッポです!

実は先日、大学のサークルの先輩と飲みに行かせていただいたんですよね。大学時代の先輩はひょうきんな性格で、周りの人を笑顔にさせる事が得意でした。

でも、久しぶりに会った先輩は違ったんです。

顔に生気が無く、今の仕事がどうしようもなく辛そうでした。

 

社会に出て働きだした若手社員の方々は、今の職場にどれだけ満足しているでしょうか。

➀今の職場ではスキルアップが望めない

➁年収などの待遇に不満がある

➂現在の仕事にやりがいを感じない

➃業績悪化など、会社の将来が不安である

➄残業が多く、休日が少ない

⑥上司、同僚との人間関係が悪化した

 

以上が、職場に不満を抱いている社会人の理由トップ6です。皆さんは何個当てはまるかな?

今回の記事では第2新卒という選択肢は理にかなっているという事、便利な第2新卒向けエージェントをわかりやすく解説していきます。

 

 ミスマッチをどうしても避けられない理由

個々人色々な問題があるでしょうが、新卒3年目で30%以上が辞めてしまう、そんな世の中になっています。

 

そんなにいるのか?! 同期の30%が辞めてしまうのが普通とは・・

f:id:akipippo:20161028140835j:plain

 

驚きました!このミスマッチの確率、よーく考えてみれば納得のいく数字かもしれません。

いくら学生時代に自己分析を徹底したとはいえ、社会経験の無い学生がベストな職場を選択するのが難しいのは当たり前な気がするんですよ。

 

社会に出れば、学生時代には経験できなかった出来事ばかりで、自分の考え・価値観が変わっていく事は自然のことだからです。

 

そう考えてくると、よりよい社会人生活を送るには、新卒で入社した会社に固執することが必ずしも正解とは限らない。

 

それよりも、よりよい職場を求めて柔軟に変えて行く事は理にかなっていると言えます。

今年は、電通の新卒社員が自殺するなどショッキングな事件もありましたが、「ここでは自分がダメになる」そう感じたなら、思い切って動く勇気・潔さは必要かもしれません。

不満や悩みを抱えて働くのはもったいない!

それなら転職情報にアンテナを張っておいても損はないと思うんです。

 

第2新卒とは?

 色々定義はあるのですが、一般的には次のような人を第2新卒と呼びます。

 

学校を卒業後1~3年で、
転職または就職を志す若年の方々(25歳前後)

※派遣社員、契約社員として社会人経験のある方や、留学などの何かしらの理由で、遅れて就職活動を始める方

 

卒業して3年目までが第2新卒!該当する人、多いんじゃないかな?!

働き出して、このままその業界でキャリアを進めるべきか、それとも他の職場を模索するのか悩む時期です!

 

第2新卒になるメリットを考える

でも、待てよ。第2新卒ってどれだけメリットがあるんだろう・・?企業が第2新卒を求める理由とかあるのか・・?

f:id:akipippo:20161028140835j:plain

 

うん、確かに・・。

新卒で入社した社員以上に、第2新卒を取るメリットってあるんでしょうか。

世間一般のイメージだと、

・入社して3年は我慢して働くものだ

・すぐに退職するなんて根性が無い

 

等がすぐに思いつき、そもそも第2新卒に対する求人なんてあるのか疑問ですよね・・。

とはいいつつも、ぼくの大学の先輩なんかは早々と転職活動をして、キャリアチェンジをはかっている方も多くいます。

そして、「早めに転職を決断してよかった。今の職場にかなり満足している。」という言葉も実際に聞いてきました。

 

彼らが第2新卒として動けたのは、それなりにメリットがあったからだと思うんです。

よし!第2新卒をとるメリットを考えてみましょう!

 

メリット1 :企業とのマッチングをはかりやすい

一度社会に出てる、もしくは留学等を経て外の世界を知っている第二新卒は、自分に何が向いているのか、何がしたいのかが、より明確になっています。

 

一度社会に出てるわけなので、

 

f:id:akipippo:20161118204923p:plain

意外にもSE向いてなかった・・

やっぱり私は接客に向いている!!

f:id:akipippo:20161222163103p:plain

実体験ベースで自分の指向性をはかれています。

 

なので、企業とのマッチングも新卒と比べてはかりやすい。

自分の指向性を理解した上で採用試験に行くので、企業側も第二新卒の活躍を期待できるわけです。

新卒で入社してくる新入社員は過去の仕事以外の経験という疑似を通して、職場を選別し受けてきます。

一方で、第2新卒は実体験ベースなので、マッチングもそれだけ高いわけですね。

 

メリット2 :教育コストを削減できる

第2新卒は社会人経験がある分、新卒者に比べて社会人としての常識や、一定のビジネススキルが備わっています。

 

入社一年目の研修とか企業側にとっても負担だもんね・・。

新入社員の教育研修コストは平均一人3~4万円らしいです。

つまり新入社員100人いれば、それだけで300万円以上の負担になってしまう。馬鹿になりません。。

その分、第2新卒はすでに研修を受けているわけなので、必要最低限のステップはクリアし、業務にあたることが出来るのは、会社にとっても魅力的なんですね。

 

 

 

企業は第二新卒を求めているのか

メリットはわかったよ。第2新卒は新卒に比べて、雇用する方にも良いことがある。でも、本当に企業は第2新卒を求めているの??

f:id:akipippo:20161028140835j:plain

 

確かに、実際どれくらいの企業が積極採用しているんでしょうか?!

 

f:id:akipippo:20161222125510p:plain

(出典:第二新卒とは?|20代・第二新卒向け転職支援サイト

なんと60%以上の企業が積極的に第2新卒を採用する方針!かなり高くないですか??

やはり第2新卒にとっても、企業側にとってもメリットが多いからですね。

 

おススメの第2新卒特化の転職サイト

第2新卒で転職する事は、悪いことばかりではなく、メリットも多いことは分かった。

ではどのような転職サイトが適しているのでしょうか。

 

オススメするのは20代の、そして第2新卒に特化した求人が豊富な以下の転職サイトです。

 

マイナビジョブ20‘s

f:id:akipippo:20161222160726p:plain

マイナビジョブ20'sは株式会社マイナビが運営する、20代に特化した転職支援サービスです。
若年層の転職を熟知したキャリアアドバイザーが、20代の転職をフルサポートしています。

 

超大手、かつ就職、転職市場のノウハウを蓄積しているマイナビさんの提供なので、安定感あります。

 

こんな人におススメ

❶プロの専任アドバイザリーに相談しつつ進めたい

❷非公開求人も含めた、豊富な求人案件から職を選びたい

 

専任アドバイザリーは、自らも転職した経験を持つプロの方々。はじめて尽くしの転職活動には、プロに相談するのが一番です。

 

H.Sakae

f:id:akipippo:20161223215143p:plain

 20代若手の転職はいかに“考えるか”が大切です。

転職という選択をする理由、そしてこれまでの選択についても振り返り、今後どのようなキャリアを積みたいか考える必要があります。
私達はみなさまがじっくりと考えられるようサポートをしながら、二人三脚で転職というターニングポイントを乗り越えたいと考えています。

 

 

うん、頼もしい!!何をするにしても実際に経験してきた先人が集まるコミュニティに足を踏み入れることが大切です。

環境が人を変え、意識を高めてくれるので、転職経験を持つアドバイザーが集まるこのエージェントは転職にもってこい。

 

踏むべきステップはたったの3つ

まだ、転職するか迷っているし、どんな案件があるか、知りたいな。という方、大丈夫です。無料で登録でき、アドバイザリーに気軽に相談できます。まずは無料で登録し、情報を手に入れてみましょう。

 

ステップ1:下記のURLより基本情報を入力(約1分)

ステップ2:個別面談で相談に乗ってもらう(会場:東京、名古屋、大阪、京都)

ステップ3:求人紹介・選考(全求人が20代向け)

 

 

第2新卒ナビ UZUZカレッジ

f:id:akipippo:20161222154234p:plain

20代の既卒、第2新卒、フリーターに対して完全無料でビジネスマナーや実務に直結する体験をしながらも4週間以内に90%以上の参加者が内定を獲得できる画期的なサービスです。

 

こんな人におススメ

❶未経験者だが、営業マンまたはITエンジニアとして採用されたい

❷職探しにとにかく不安!手取り足取り教育してほしい

 

UZUZカレッジでは、とにかく初心者に優しい教育システムが整っています。

 

求人紹介はもちろん、マイナビジョブ20‘s以上に教育まで充実しています。もちろん無料です。

仮に、就浪してしまった既卒の方やフリーターの方でも、一からノウハウを伝授してくれる教育システムがウリです。

 

卒業生の声

既卒女子

f:id:akipippo:20161223222826p:plain

新卒の就活では、事務職だけを受けていました。

自分には事務職しかないと思っていたし、あがり症の自分は接客販売業には向いていないと。

ウズカレでのテレアポ体験を通じて、人と話すノウハウを学び、何度も何度もテレアポ練習したことでやっといつもの自分を出せるようになりました。

就活を通してちょっと成長できたと思います。

 

 面接に対して苦手意識を持つ第2新卒でも、充実したサポートでバックアップしてくれるみたい。

それにしてもテレアポ体験ってすごいわ。

 

踏むべきステップはたったの3つ

ステップ1:下記のURLより基本情報を入力(約30秒)

ステップ2:説明会・研修に参加する

ステップ3:合同面接会・面接対策に参加する

 

たったの3ステップ4週間以内に90%が内定獲得しています。

 

 

第2新卒の賞味期限は早い

 第2新卒は一般的に、新卒で入社してから3年目まで。それまでは、新卒と同じようにポテンシャル、そして少しの社会人経験で判断してくれるオイシイ時期です。

 

もし、3年を過ぎ、立派な中途入社として転職活動に参加すると、あなたを能力で判断します。

今の職場に不満があり、第2新卒での転職を考えている時点で、能力判断される中途試験では分が悪いのは火を見るより明らか。

 

すぐに行動しないにしても、無料登録して情報収集しとくことをオススメします。

 

 

 

2