読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリア支援メディア・ログポース

留学、就活の記事を書いています。you only live onceを軸としたキャリア論を激務で有名なグローバル企業から発信しています。

MENU

初期配属で不満を持つ新人のキャリア作りを考える。

スポンサーリンク

記事を書いた人:ピッポ あとで読む

f:id:akipippo:20170506175216j:plain

皆さんこんにちは!ピッポです。

新社会人の皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

・希望していた配属が叶わず、腐っている

・配属部署の仕事に興味が湧かない

・経理なんて興味ないよ・・

 

いきなり暗い話題ですいません笑

このように初期配属に不満を抱え、今後のキャリア展望に希望を見い出せない方もいるのではないでしょうか。

せっかく苦労して入った大学を卒業し就職したのに、自分が望んでいない仕事をやらなければいけない日々に鬱々としている方も。

「自分のやりたい部署じゃない、どーしてこーなったんだ、、。」って

 そこで今日は、初期配属に不満を持つ新人に対してキャリアの悩みを吹っ飛ばす方法を紹介していきたいと思います。

是非最後までご覧ください!

 

今は我慢するような時代じゃない。

「明日死ぬかもしれないのに、今日あなたは我慢して仕事をするの?」

 

一昔前までは一生の内、一つの会社で過ごすことが当たり前でしたね。なので我慢する事が美徳と考えられていた時代もありました。

 

しかし今、人材は流動的。

転職市場はかつてないほど活発だし、自分で稼ぐスキルが昔以上に手に入るようになりました。

僕もアルバイト以外でお金を稼ぐ方法を模索して、学生時代にはお小遣い程度は稼いでいました。

 

そんな便利かつ望む生き方を選択できるようになった時代で、我慢する必要はどこにあるのか。

f:id:akipippo:20170506173036p:plain

「初期配属が希望通りでなかったからと言って、投げ出すなんてけしからん!」

 

確かにキャリアは40年続くと思えば、一回の配属で見切りをつけるのは早すぎるという意見はもっともかもしれないですね。

しかし、一回配属になれば最低でも3年は同じ部署で過ごすことが一般的でないでしょか。

そんな鬱々とした3年間に、貴重な20代前半を捧げるの??

 

新人の頃の3年間は重みが違う。

新人の3年間を無意味に過ごしていては、同世代に確実に置いてけぼりにされます

新人3年間は仕事に対する向き合い方や考え方が一番染みつく期間。

それをモチベーション低くやりすごしていては、今後のキャリアに大きな影響を及ぼします。

一方で、外銀や外コンをはじめとした、職能を選択できる外資系企業や、自分のやりたい事を求めベンチャー企業の門戸を開いた同世代の成長スピードは目を見張るものがある。

f:id:akipippo:20170304145641j:plain

彼らのように配属リスクなんてつゆ知らず、自分のやりたい部署に配属になり邁進できている人にあなたは勝てるだろうか。

 

「大企業に入ったから、配属は微妙だけど私は勝ち組!」と考えていてはどうしようもない。

今は東芝やシャープ、かつての大企業は軒並み崩れ去るような時代です。

新人3年間で圧倒的成長しないと先行き不安定な時代を生き抜いてはいけないかもしれません。

 

初期配属の不安を吹っ飛ばす二つの方法

➀キャリア教育を会社に委ねる

大企業であれば、何十年にもわたって蓄積された人材教育のノウハウがある事は間違いない。

新人にどんなキャリアを目指しているのか、定期的にヒアリングし、会社の意向はあれど本人の希望に叶った配属を考慮してくれます。

 

考えてみれば、新人を全く興味のない部署に配属したところで、本人のモチベが低かったらパフォーマンスに影響が生じます。

 

なのでたとえ、配属部署が希望通りでなかったとしても、長期的に見て本人のキャリアに必要なステップだと会社が判断している可能性も大いにあります

 

ここで一つ例を挙げます。

元三井物産でBPジャパンというオイルメジャーの日本法人社長に就任された脇若英治さん。

 

彼は世界を飛び回る商社マンを夢見て営業に希望を出していましたが、なんと初期配属は会計。

目の前が真っ暗になったと自著で語っています。

しかし、そこは三井物産。ちゃんと考えていたようです。

会計、つまりアカウンティングは、ビジネスの基本用語なのだ。これを最初にやらせてもらうことになったのは、今から思えば本当にありがたいことだった。(「世界で戦うキャリアづくり」より 30P)

 

と脇若氏は語っています。

その後、会計というビジネスの基本用語をマスターした脇若氏は三井物産初のビジネスクール研修員としてハーバードでMBAを取得。(アカウンティングでは最高評価のエクセレントを取得)

卓越したビジネススキルを買われオイルメジャーの一角であるBPに引き抜かれました。

 

何も考えずに配属を考える企業は珍しい。何かしらの意図があって配属を言い渡します。

その意図を信じ、目の前の仕事に邁進しているとさらに大きな仕事を任されるほどの信頼が積み重なるのかもしれません。

脇若氏は会社から言い渡された会計の仕事を一生懸命にやり抜いたおかげで、ビジネスの基本が染みつきました。

そして、想像もできなかったキャリアを歩むことになったのです。

 

スポンサーリンク

 

 

➁能動的にアンテナを張る

 自分でアンテナを張り、キャリアを切り開く方法もあります。

残念ながら上記の例のように、社員のキャリア形成を考えて配属を考える企業は多くは無いのかもしれません。

 

そんな時は、自分で動くしかない。

自ら社内の人脈を構築し、希望部署の人間に引き抜いてもらうのです。

 

僕が務めている会社では、希望部署の上の人と仲良くなったり、部署に関連のある話や意見・提言を多くしアピールしたりする事で、引っ張ってもらうことが往々にしてあります。

 

待っているだけでなく、自分のキャリアは自分で切り開く。

能動的な意識を持たない限り、希望通りのキャリア形成は難しい。

 

リクルーティングを依頼する

「社内政治とか苦手だし、人脈作りなんて大変そう」

こういう意見もあって当然。

確かに仕事をしつつ、キャリア形成のために時間を割くのは非効率かも。

社内政治するなら今の仕事を頑張り、評価を上げる方が理に適ってるとも言えます。

 

そこで、社内政治のようなリクルーティング活動を外部に無料で委託する事だって可能なんです

忙しいビジネスマンに代わり転職活動をプロが担う、効率的なキャリア形成も今の時代では常識になりつつあります。

 

もちろん、自分のやりたい職能や仕事内容を元に条件を提示していけば、希望するキャリア形成を時間をかけずに実現できる。

3年も待つ必要なんてないんです。

 

 

ビズリーチについて詳しくコチラの記事で解説しています。

 

20代の過ごし方で、あなたの人生は決まる

以上をまとめると、初期配属に不満のある新人のキャリア作りは以下の通り。

・キャリア教育を会社に任せる

・社内政治を行う

・転職活動を外部に委託する

 

一番良くないのは、

初期配属で腐ってしまい、何もアクションを起こさず目の前の仕事さえも手を抜いている状態だと思います。

 

20代の貴重な時間をめいいっぱい、望むキャリア形成に時間を割き、がんがん成長していきたいもの。

 

今の処遇に不満があるからといって、何もしないのであればそれだけの人物だったという事。

そうでないと願い、キャリアを切り開く覚悟があるなら、まずはすぐに行動を起こすしかないでしょう。

 

 

f:id:akipippo:20161028140835j:plain

いつも記事を読んでくださり、ありがとうございます!

2