キャリア支援メディア・ログポース

留学、就活の記事を書いています。you only live onceを軸としたキャリア論を激務で有名なグローバル企業から発信しています。

MENU

配属リスクは果たしてリスクなのか。君はこれからも変化しないでいるつもり?

スポンサーリンク

記事を書いた人:ピッポ あとで読む

f:id:akipippo:20161125151646j:plain

今回は働く会社が決まった学生に対して記事を書こうと思います。

部門別採用など、働く部署が決まっている会社はともかく、ほとんどの場合はこれから自分の部署を決めるために面談等をしていく事が多いと思います。

 

自分の希望する部署に行ける可能性が確かではないことに関して、「配属リスク」と学生は呼びますね。

 

うん、リスクか。君はこれからも今の価値観で生きていくつもりなの?

 

 

 

自分の人生の可能性を狭めるな

判りやすく総合商社を例に挙げましょう。

大体の商社は入社前には何の仕事をするか決まっておらず、配属先は内定後の配属面談及び、希望調査書、そして採用過程の聞き取りで判断されます。

 

もちろん希望する部署になる保証はありません。「配属リスク」があるから商社はどうも・・・という学生もいるでしょうね。他の企業もそうだけど。

 

でも、ぼくはそれを「リスク」と捉える必要はないと思っています。そういう考えでは逆に自分の人生の可能性を狭めていってしまうからです。

 

変わらない価値観なんてない

大学入学前の18歳の時の自分と、今の自分。考え方、価値観が多少なりとも変わりましたよね?多くの刺激、新しい刺激を受けて成長しているからだと思います。

 

ぼくは変わりました。高校生の自分が今の自分の姿を見ると驚愕するのではないでしょうか。笑

合わせて読みたい

ではここでもう一つ考えてみましょう。

 

今とは環境の全く異なる社会人になっている数年後、今と考えは同じかというと、多くの方は変わっているでしょうね。

高校時代から大学時代への変化は凄まじいものがありましたけど、これから先、数年間の方がさらにその変化は加速していき、もっと変わる事は予想できると思います。

 

つまり今の考えというものは過去の自分の経験則によって形成されたものであり、そしてこれからの変化によって、いかようにも考えは変わっていくのが普通でしょう。

 

ぼく自身、高校時代を振り返って今でも恥ずかしくなるような出来事、考え方を思い出す時があります。

あのころ本当にガキだったなあ。

f:id:akipippo:20161028140835j:plain

 

そう考えると、今の価値観でこれから先の、キャリアの幅を狭めるのはどうなのかなあと思うわけです。

 

つまりもし自分が希望していない部署に配属になり、今の自分の考えではすごく無駄、不必要に思えるかもしれない。でも数年後の自分が見たときに大事だと思うかもしれませんし、自分にとって大切な価値観の形成に関わってくるかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

変化する考え方とどう付き合っていくか

現時点では全てを判断できないということ理解して、なんでも吸収してやる、という気持ちが大事だと思います。

 

スティーブ・ジョブズも大学を中退した時に、全くの専門外であるカリグラフィーの授業に出て熱中したことが、10年後に作ったコンピュータの成功に繋がったと言っています。

あれがなければ今のアップルコンピュータはなかったということになります。人生、本当に何が役に立つかはわかりません。

 

ぼく自身の話をすると、ひょんなことからヨーロッパ留学が決まり、その経験が今に活きて、就職する会社も決まりました。

 

留学決まった当時は、「なんでヨーロッパなんだ・・」という気持ちが当然ありましたが笑、今となっては英断。考え方はかなり欧米寄りになり、考え方に変化が起こりました。

 

 

つまり、「今」という時点では何が正しくて役に立ち、何が不必要かなんてわからないってことです。点と点がつながるのはもっと先の自分にしかわからないのです。

 

ベストを尽くす

ただその点同士を後々の線にしていくためには、その場その場でベストを尽くしておく必要があります。

 

中途半端にやっていては、モノにならず何も身に着けられないからです。点にさえなりません。笑

 

自分が今いる場所で一生懸命に頑張れば将来になってその頑張りが生かされる場面が出てくる。「人事を尽くして天命を待つ」事で線になっていくのかな。

 

 

なので配属リスクですったもんだしているのは無意味です。与えられた所で人事を尽くしていれば、後々の人生豊かになると信じて頑張ろう(°▽°)

2