読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリア支援メディア・ログポース

留学、就活の記事を書いています。you only live onceを軸としたキャリア論を激務で有名なグローバル企業から発信しています。

MENU

映画ファンでない人ほど試写会に行くべき!試写会、舞台挨拶の4つの魅力と参加方法

スポンサーリンク

記事を書いた人:ピッポ あとで読む

f:id:akipippo:20161024184523j:plain

月に4回は映画館で映画見てますピッポです。

 

映画館って好きなんですよね。

大きいスクリーン、臨場感を楽しめるあの空間がたまりません。

 

そんな僕が初めて試写会、舞台挨拶に当選し行ってきました!

神イベ過ぎて、これもう普通に映画館はいけなくなるな・・

  

試写会に行ってきた

f:id:akipippo:20161024184814p:plain

「ボクの妻と結婚してください」

主演、織田裕二と吉田羊、キャストはとても豪華で、涙なしでは見られない感動ヒューマンストーリーでした。

11月5日公開のフライングゲット状態の僕の映画レポートは後日公開。

>>公開しました!

 

ぼくは初めて試写会、舞台挨拶に行ってきました。

多分、こういうのに応募する人って、本当に映画が好きな人達、映画オタクな人が多いと思います。

(隣の人に話しかけたら参戦5回目なんだとか・・)

 

 

しかし、行ってみてわかりました。

試写会、舞台挨拶は映画に興味がない人ほど、行くべきメリットが多いということを。

4つのメリットと、試写会、舞台挨拶の簡単参加方法を紹介します。

 

出演者に出会える

f:id:akipippo:20161024184918j:plain

 なんといってもこれです。

俳優業のプロたちと会えるチャンスはなかなかありません。

「ボク妻」のイベントでは織田裕二、三宅監督、主題歌を歌う中島美嘉が登壇しました。

 

吉田羊は都合がつかず欠席でした。残念。。

 

f:id:akipippo:20161024185211j:plain

有名人にたかるなんてミーハーだな

おっと?こんな声が聞こえてくるぞ?

わかってないなあ。。その道のプロと出会える機会なんてそうそうないのに

f:id:akipippo:20161024185427j:plain

 

僕もそこまで期待していなかったのですが、織田裕二はバンバン笑いとってお客さんを沸かせていましたし、何よりオーラがすごかった。

いるだけで空気が変わる人って本当にいるんですね。

 

そして中島美嘉さん、主題歌の「Forget me not」を生歌で披露しています。

こういったイベントで主題歌を歌うアーティストが生歌を披露する機会があるんです。

さすが憑依系歌手、世界観がすさまじかった。

 

体上下左右に揺らし、「this is my world」って感じでした。

コーナー中の彼女とまさに別人。何かが憑依したようでした・・

 

www.youtube.com

 

普段感じることができない著名人と同じ空気、吸えます。

 

作品背景が伝わる

f:id:akipippo:20161024185947p:plain

これも大きなメリットだと思う。

イベントの1コーナーに、作品にちなんだクイズ、出演者へのQ&Aセッションが用意されています。

 

「ボク妻」では「恋愛ドラマチック診断テスト」なるものをやってめちゃくちゃ盛り上がった!

なによりキャストの恋愛観や作品の中での登場人物との差、裏話たくさん聞けるんです。

 

こういったコーナーを通し、作品背景を深化させることができるので、鑑賞後時間が経ったとしても印象がとても深くなるんですよ。

 

織田裕二ってあんなに二枚目で甘いマスクなのに、ロマンチックな演出は苦手なんだとかw 

ドラマであんなに甘いセリフ吐いてるのに、なんだか笑っちゃいました。

 

スポンサーリンク

 

無料で閲覧できる

はい出ました。

みんな大好き無銭イベントです。

試写会や舞台挨拶の目的は、公開日前に少人数に公開し拡散、口コミを狙うもの。

つまり超重要なお客様というわけです。

 

無料でもてなされます。

ここだけの話、作品にちなんだプレミアムグッツが無料でもらえたりします。

 

未公開映画も見れて、出演者にも会えて、そして無料。

 

まだ2000円払って映画見てるの?

 

ファンになる

これまでのまとめみたいになりますが、こういったイベントって思い出になるんですよね。

今まで映画は一本の映画。

 

でもこういったイベントを通して一本の映画が一つの貴重な体験になるんです。

絶対に忘れないものになるし、鑑賞した映画、出演者のファンになる事間違いなしです。

 

あの出演者の他の映画も見てみようかな・・そう考えるのも楽しくなります。

 

織田裕二のイケメンさに改めてやられたピッポは、「踊る大捜査線シリーズ」を見返そうか迷ってます。

 

試写会、舞台挨拶に参加する方法

気になる参加方法です。

意外と皆知らないんですよね。とっても簡単です。

映画の公式サイトに訪れて、試写会・舞台挨拶キャンペーンが打たれたらweb応募もしくはハガキを送るだけです。

 

大体web応募が多いみたいです。

 

でもそんな頻繁にサーチしとらんわ!という方にお勧めのサイトがコチラ

www.wakuwaku21.com

 

このサイトに近日公開予定の映画の試写会・舞台挨拶イベントの告知がまとめてあります。

定期的にチェックすれば問題なし!

ゲスト出演、舞台挨拶、主題歌披露など、様々な特典が詳述してあってとても便利。

 

倍率はとても高いですが、見ての通りこういったイベントってかなりあるんです。

でも意外と知られてない。こんな神イベ毎週のようにやってるんですよ・・

 

映画好きな方に向けてうれしいサービスあります!

filmarks.com

 

ぼくはそこまで使っていませんが、映画レビューや口コミまとめが一か所に集約。

 

こういった試写会に出向いた映画オタクたちがコメントを書き込むたまり場です。

気になる映画はFilmarksで評判をチェック!

自分が見た映画も記録しておけるので、見返した時にストック感が出て楽しくなります。

 

映画ファンでない人ほどメリットたくさん

いかがだったでしょうか。

映画を普段見ない人ほど、無料で鑑賞できて有名人に会えて、生歌を聞けて映画を好きになる可能性が高い。

自分以外の人生を垣間見れる映画は人生を豊かにしてくれます。

是非試写会、舞台挨拶に行って映画をもっと好きになりましょう!

2