読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリア支援メディア・ログポース

留学、就活の記事を書いています。you only live onceを軸としたキャリア論を激務で有名なグローバル企業から発信しています。

MENU

希望する会社の内定が欲しいなら絶対に備えておくべき、必要な2つのマインドセット

スポンサーリンク

記事を書いた人:ピッポ あとで読む

f:id:akipippo:20161016101218j:plain

誰もが自分の希望する会社に入社したいと思っています。

そのためには自分の希望する会社を自己分析を通し、徹底的に定める必要がある。

 そして、

自分が希望する業界、企業が定まったあなたは内定に必要なマインドセットを備えていますか?

もしこの二つのマインドセットを持っていないと、

・周りが内定を取り出して精神的に追い詰められる

・就活の途中で自分を失い、迷走しだす

・希望業界が全滅して無い内定

このような事が起きかねません。そうならないためにも、必ず意識しておかなければならない二つのマインドセットをお伝えします。

 

迷走しがちな就職活動

この2つのマインドセットを抑えて就活を進めるだけで、自分を見失わず最後まで就活に邁進できると思います。

よく就活生の声として聴くのが、

「今、自分がどこを走っているのかわからない」

「希望していた業界が、そこまで魅力的でなくなり就活が振出しに戻ってしまった」

 

しかしこの2つのマインドセットは、就活を進める上での行動の指針になり、まずこれらの悩みが薄れると思います。

 

①早期内定を目標に動く

これをまずは行動の指針にしてください。

特に前半期(10月~3月解禁直前まで)「そりゃあ誰だって早期に内定欲しいわ!」と思っている皆さん。

早期内定を取る事の意義、そしてそのための行動、しっかり理解していますか。

知っていることと行動し実践しているとでは雲泥の差です。

 

早期内定の意義

それは精神的余裕が全く違くなるからです。

就活は内定が出ない時期、激しく精神力を消耗しがち。

どれだけメンタルが強くても、周りが内定を取り始める年明け位に、「まだ自分はゼロなんだ・・」という事実は結構くるものがあります。

「なに言ってんだ、人は人、自分は自分だろ。就活なんて人との勝負ではない!」

 

ぼくはこの意見に完全同意です(笑)

 

でも、もしあなたが自分の希望する会社にどうしても入りたいなら、早期内定をとにかく目指す事はとても重要です。

3,4月に内定持ってないと色々不都合が出るんです・・。

 

スポンサーリンク

 

 

理由1:精神的余裕から、冷静になって企業を見れる

早期に内定がでれば、とりあえず就職口が確保できた!とうことで精神的余裕がめちゃくちゃ出ます。おそらく早期内定というと外資系企業、もしくわベンチャー企業。実際ぼくが最初に内定が出た外資系企業の時は雄たけびを上げるくらいの喜びでした。

 

それほど精神的余裕は就活の上で大事なのです。その後は冷静になって「自分の希望している業界は本当に自分が幸せになれるのか」という「本当の意味での就活」に時間を割けるようになるのです。

 

理由2:圧倒的場数から生まれる経験値

よく「総合商社しか受けない」だとか「外銀、外コン以外は眼中にない」みたいなハイエンドがいますが、絶対にお勧めできません。

 

何故なら経験値を踏めないからです。

例えば、あなたはプロ野球を目指しているのに、素振りを一回もしないのと同じです。

早期内定を獲得するために早くからバッターボックスに立つ経験を積むことで、試行錯誤を行えて、晴れてプロ野球(第一希望の面接)でバットを握れるのです。

 

圧倒的場数を踏むことで生まれる経験値があなたの自信と実力になります。そのためにも、あまり興味のないITベンチャーや外資系企業の選考、Meets Company で練習あるのみ。

 

②業界は絶対に絞らない

よく「一つの業界に絞り、OB訪問を重ねて企業研究もじっくりやって内定するんだ!」という学生がいますが90%うまくいきません。

業界は幅広く受けて視野を広げましょう。

理由1:壁にぶち当たるから

もしその希望する企業(業界)がうまくいかなかったら、または調べていくうちに絶望的に自分に適正がなかったり興味が無かったり。

 

就活は振出しに戻ります。そういうことって結構あったりするんですよね。 最近は早期決戦なのでこのような行動は命取りになりかねません・・

 

こういった失敗談は先輩OBOGに積極的に聞いてみると生の声が聞けたりします。徹底的に反面教師にして一度きりの就活を成功させよう。

 

 

理由2:俯瞰的視点を企業は求めている

採用面接のときによくされる質問。それは

 

「なぜ銀行じゃなくてこの業界なの?」

「君の志望動機だったら、証券会社でもできると思うけどなぜうちなの?」

「競合他社も魅力的だけどなぜうちなの?」

 

ありがちな質問です。つまり企業側としては「たくさん企業、業界を見てきて最終的な結論に至った根拠を示してほしい」のです。

 

この質問に答えるためにはそれなりに多くの業界を見なければいけないのです。

そればかりか、多くの業界を見てやっぱりここが自分の志望ている業界、会社だ!となれば自分の納得度も高くなって一石二鳥ですね。

 

必要なマインドまとめ

➀早期内定を目標に動く

➁業界は絶対に絞らない

このマインドセットを持てば、長い就職活動をガス欠なくサバイブできると思います。

なんとなく流し読みして終わりだと、何も変わりません。今から実践してみましょう。

就活で後悔したくないならね。

2