キャリア支援メディア・ログポース

留学、就活の記事を書いています。you only live onceを軸としたキャリア論を激務で有名なグローバル企業から発信しています。

MENU

【ネタバレ】「シンゴジラ」が伝えたかったメッセージを解読する

スポンサーリンク

記事を書いた人:ピッポ あとで読む

f:id:akipippo:20160816004358p:plain

ほとんど怪獣映画、アクション映画を見ない僕ですが、映画評論家を目指す友人に誘われ、新宿の東宝シネマズに行ってまいりました。

 

ゴジラなんて前作とかでさえ見たことないのに絶対ついていけないじゃん・・って思っていたぼくですが・・・

果たして・・

 

 

結果としては色々考えさせてもらった良映画でした。

なんといっても

この映画には「ひっかかるセリフ」が多かったので、それを紹介していきたいと思います。

 

 

簡単なあらすじと感想

youtu.be

 

庵野監督の最新映画として、登場した「シンゴジラ」。

 

ざっくりいうと、海に投げ捨てられた放射性廃棄物の影響で、突然変異した海の生物が東京を襲う、それをやっつけるって映画ですね。

 

いつもヒューマン系の映画しか見ないのですが、この怪獣映画めちゃくちゃおすすめできます。

 

なんといってもCGを駆使したド迫力の映像技術。

庵野監督といえばエヴァンゲリオンですが、エヴァの導入音楽がこの映画にところどころ挿入されていて、エヴァファンにはたまらぬ仕様になっていました。

 

そして石原さとみのアメリカ外交官がかっこいい。

さらに自分たちの知っている都内の街がゴジラにけちょんけちょんにされる映像は圧巻です。

 

ゴジラが火を噴き、都内某所を散々に焼き尽くすシーンなんか、思わず笑ってしまいました。笑

人間どうしようもない時って笑ってしまうんだね・・。

 PR

スポンサーリンク

 

セリフと共に読み解く「シンゴジラ」のメッセージ

ぼくがなぜこの映画をお勧めしたいのかといえば、圧倒的に「映画を見終わった後に、映画を見ていた友人と感想を言いたくなる映画」だからです。

 

それも言及箇所がたくさんあるので、映画が終わった後に近くのカフェで話あいたい!と思う位に。

 

首相「で!結局どうすればいんだ?!前例がないぞ!」

これはゴジラが都内に爆進中の時に、内閣が対応を迫れている際に出たセリフ。

日本の首脳は前例がない時に、どう動いていいかわからない。

 

一人ひとりは優秀な人材が集まっているのに、最終的に出る結論はトンチカンなもの。完全に集団浅慮に陥るシーンが印象的でした。

 

そして国のトップは自分の決定に自信を持てず、判断を要人にゆだねているシーンが何度も映され、強烈な皮肉を感じました。

 

そしてゴジラが都内の外れを破壊つくした街並みを翌日、見学していた役人が一言。

「まあ前例がない中、俺たちはよくやったよ(遠い目)」

 

前例がないという事に一種の諦観を感じさせ、対応できなくても俺たちのせいじゃないね!!という無責任な言動が目立ちました。

 

確かに、そういう所あるよね。。

責任を取りたがらない日本人の国民性にスポットを当てていましたね。

庵野監督、人が悪いなあ。

 

「危機が日本でさえも成長させるのね・・。」

これは石原さとみ扮するアメリカ外交官が放った言葉。危機的状況にようやく本気で日本が対応をしだしたに彼女がもらしたセリフでした。

「でさえも」ってw

 

なんだか情けないというか、外国からこうやってみられているんだね。

 

「結局動かすのは、いつもはぶれものなんだよ。」

ゴジラ撃退の特殊部隊に選出されたのは各種官庁や、研究機関の出世コースから外れた問題児たち。

でも彼らは、奇抜な、そして長いものには巻かれない精神で、画期的な撃退方法を模索していった際に放たれたセリフ。

 

イノベーションを起こすのはいつでも、常識はずれのはぶれものたち、というメッセージを感じました。

馬鹿で無鉄砲で協調性のない奴がいつの時代でも時代の寵児なんだね。

 

「好き勝手やってみればいいじゃない?」

これも、女帝(勝手に)の石原さとみ扮する外交官のお言葉。。しびれる。

どんなに有効な対応策を考え出したとしても、上の考えを気にしなきゃいけない、日本の対策本部に放たれたセリフ。

 

どんな時でも上のいうことが絶対という「年功序列」的な日本の古い社会体制を批判するような彼女の発言はしびれました。

つまり

 

シンゴジラは「日本の古い社会体制や旧態依然としている国民性に警鐘を鳴らす」というメッセージを送っている、とぼくは受け取りました。

多分、「シンゴジラ面白かった!」という人は

 

「誰も言ってはいけないような日本のタブー」をあの手この手で皮肉った映画で痛快だったからではないでしょうか。

 

2