キャリア支援メディア・ログポース

留学、就活の記事を書いています。you only live onceを軸としたキャリア論を激務で有名なグローバル企業から発信しています。

MENU

内定ブルーなんて気にしなくていい!覚悟を決めたならクヨクヨするな。

スポンサーリンク

記事を書いた人:ピッポ あとで読む

f:id:akipippo:20160717205309j:plain内定ブルーって結構皆さん経験するんじゃないでしょうか?

ぼくも、内定を頂いた会社に決める時すごく悩みましたし、本当にここでいいのかと内定ブルーだった気がします。

多分こういう思いを抱いている学生は多いのではないですかね。

 

そもそも何故、内定ブルーになるのでしょうか。。

内定ブルーの学生は7割を超える?!

resemom.jp

 

記事によると実に学生の7割が内定ブルーになっているそうです。

・もっとほかにいい企業があるのではないか

・自分は社会人としてやっていけるのか

・入社予定企業の同期や社員とうまくやっていけるのか

 

等が大きな理由になっているそう。

これって本当に考えるだけ無駄な気がする。

 なぜなら、

「明日街を歩いてたら、交通事故に巻き込まれたらどうしよう???」

と本質的に悩みの種は同じ。

つまり未来の事なんて誰にもわかるわけないし、考えるだけ杞憂に終わる事が多いんです。

 

内定ブルーの本質的な悩みって「不確定要素だらけの未来に対してある事ない事、想像ふくらましてアタフタしている」だけ。

 

実際蓋を開けてみれば、忙しさにかまけてそんなことも思わないだろうし、同期とも社員とも仲良くやっている事が多いんじゃないんですかね?

 

あなたが「社員と馬があわなかったらどうしよう!」

「仕事が大変すぎて務まらなかったらどうしよう!」

って今悩むことで、その悩みは解決しますか?

 

f:id:akipippo:20161112100822j:plain

いや、そうとも限らないだろ!社風が合わないかもしれない!

って声もまっとうで、そういう人は一番合う会社を求めて、是非まだ就活続けようね。

一から自分の強みを分析し直すのもいいかもしれません。

内定ブルーの症状は、完全に決めた人専用の用語だから。

 

全部腹くくって決めたら、たくさんある不確定要素に翻弄されるのはやめよう。

非生産的すぎるよ!

スポンサーリンク

 

不確定なことは気にしない

ぼくが内定ブルーをこのように考えるようになったのは、大きな理由があります。

今日は、昨日のあなたが思い煩っていた明日なのだ。自問してみよう。今悩んでいることが間違いなく起こるという保証はどこにあるのか。

 

これはデール・カーネギーの言葉です。

本当にこういった不毛な悩みを排除するだけで、ものすごく思考がシンプルになるし、余計な精神負荷はかからない!

 

悩みに対する処方箋、たくさん詰まっています。

内定ブルーがいまいち抜け出せない人、就活で内定は出てるけど、踏ん切りがつかない人。その悩みに対する処方箋、この本読めば見つかると思いますよ。

 

内定ブルーになってもいい

 なんだか上の内容と逆行している感じもしますが、僕は内定ブルーになってもいいとも思っています。

なぜって、新しい環境や新しい事を始める際に、不安に絶対思うな!なんて無理な話だからです。

 

そりゃあ不安になって当然です!

ただ、度がすぎて長期間ウジウジしてたらもったいないよ?

その悩みは悩めば解決するの?

って思ったときはこの記事を思い出して、カーネギーでも読んでみる事をお勧めします。

2