キャリア支援メディア・ログポース

留学、就活の記事を書いています。you only live onceを軸としたキャリア論を激務で有名なグローバル企業から発信しています。

MENU

欧州留学のメリットとデメリット

スポンサーリンク

記事を書いた人:ピッポ あとで読む

皆さん、留学と言ったらアメリカ、イギリス、オーストラリアがすべてだと思っていませんか?

 

もしそうだとしたら結構損しているかもですよ。。

もっと視野を広げて欧州も候補に入れましょう。圧倒的に行きやすく、そして得るものも大きいと思います。

f:id:akipippo:20160711182704j:plain

 

 

1.メリット

欧州留学には数多くのメリットがあるのですが、多くの人には知られていないようです。 もっとこのメリットを知っていれば君留学できてたのにな。。と思うことが良くあります。

 

①競争倍率の低さ

例えばあなたが大学の交換留学制度を利用したとしましょう。

もちろん無知な学生は「留学といえばアメリカだ!」とよく吟味もせずにアメリカやイギリスに標準を合わせます。

 

しかし、そこにはとんでもない数の人が殺到するのでめちゃくちゃ高倍率になる。結局、高学年の学生にその権利は譲られ、多くの場合、1、2年生は涙を呑むことになるのです。

 

そしてあなたが3、4年生になってようやく留学できたとしても就活は留年後に行うことが多く、圧倒的に時間もコストもかかってしまいます。。。

 

相対的に欧州(ドイツ、オランダ、スウェーデン等の英語が活発な国)であれば競争率も低く、行きやすくなります。

 そこに注目しない手はないですよ?

 

なになに?欧州では英語が学べないって?

 そもそも英語を学ぶために留学を考えている人、手段が目的化してます。

 

英語を学ぶためなら日本で安くできます。こんだけ豊富に教材があるんですから。。。

本気でやれば日本にいても十分できます。日本にいるからいつまでたっても英語ができないんだと考えている人。。言い訳です。

 

 100万も200万もかけて英語を学びにいくなんて考えないでね。

 

この学問を他言語で学びたい、自分の知らない価値観に触れたいという留学ならでは目的は欧州でも十分達成できます。

 

留学に必要なTOEFLibt勉強のためならこちら。僕はこの教材で実践形式になれ半年で63から83まで上げました。

 

実際の形式になっているのでめちゃくちゃ使えます。

 

 

②多文化への接触

欧州はアメリカよりも国際的です。もしあなたがアメリカへ留学したら大部分はアメリカ人、留学生は少数でしょう(せいぜい12%)

 しかしもし欧州に留学すれば、最大で50%以上が留学生となり、めちゃくちゃ国際的になります。

 

なぜか?

それはEUを基調とした互換性の高い大陸だからです。欧州の大学間では交換留学が盛んにおこなわれており、それに比例して留学生比率もアメリカに比べて高いです。(大学によりますが。)

 

つまり、いろんな人と触れ合う機会がたくさんあるのです。もちろんアジア人もたくさんいますよ!

 留学の良さの一つとしてたくさんの価値観、文化に触れることができ自分の視野を広げられる事が挙げられます。

 

アメリカのようなマジョリティが現地学生という環境よりは、世界中から集まった学生と触れ合える環境の方が魅力的ですよね?

 

さらにVISAの申請なしで欧州各国の旅行が可能なので、触れられる文化はめちゃくちゃ多いのです。

 

2.デメリット 

とはいっても欧州留学に関するデメリットは存在しますね。 

①本場の英語への接触が少ない

なんといってもアメリカンアクセントを身に着けたい(これは日本でも身に着ける事は難しい)という人にとっては向きません。

 

多くはブリティッシュアクセント、もしくは現地国独特のアクセント(つまり適当笑)になってしまいます。それでもネイティブとランゲージエクスチェンジを通して矯正可能なので、要は自分次第なんですよ。

 

ちなみに僕は英国アクセントが好きなので欧州留学に懸念はなかったです。

スポンサーリンク

 

②テロの危険性

一番はこれかもな。。ISを中心として欧州の世界都市でテロが頻発しています。こればっかりは世界情勢にものすごく左右されてしまい難しいですね。。

 

旅行する際は必ず留学生危機管理サービス(ossma)

留学生危機管理サービス(OSSMA) | 海外での危機管理や緊急医療対応を支援【EAJ】)

等を利用して万全の準備をしましょう。

 

このサービスは海外で病気になった時も日本からサポートしてくれるのでめちゃくちゃ重宝していました。

 

3.おわりに

とりあえずアメリカじゃなくて、もっと視野を広げて留学先を考えてねってことだよ。

 余談だけど珍しい国に行けば、就活の時にも圧倒的にユニークになれるし話も面白くなる。

 

参考記事はこれ↓

 

 欧州留学に関してご相談があればコメント受け付けます!

2