読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリア支援メディア・ログポース

留学、就活の記事を書いています。you only live onceを軸としたキャリア論を激務で有名なグローバル企業から発信しています。

MENU

就職活動を終えて~総合商社に内定~ 内定獲得のための3つのエッセンス

スポンサーリンク

記事を書いた人:ピッポ あとで読む

f:id:akipippo:20170312184727j:plain

幸いにも、金融、外資コンサル、ITベンチャー、総合商社、いろんなところを受けて多くの内定頂けました。

 

いまここでその勝因について考えてみようと思います。きれいごとは言いません。


ESをたくさん添削してもらった!OB訪問めっちゃ行った!なんてありふれたことはかかず、本質的な所をズバッといいます。

 

1.自分はどんな時に幸せなのか、を考え抜く 

これに時間を圧倒的に割くべきです。

これは自己分析に通じる部分があり、自分はどういう人間で、どういう時に幸せを感じるのか、どんなことが嫌なのかを徹底的に洗い出しましょう。

 

そしてその幸せを感じれる頻度が高い場所はどこか、それがあなたが志望すべき業界です。

 

これを探す時間が最も苦しく、もっとも意味ある就職活動だと思います。簡単には見つかりませんが、一番の近道です。

 

適当にろくに考えず、人気企業ランキングみて、かたっぱしからエントリーして運よく受かったとしても、その企業が「あなたの幸せを感じさせてくれる場所」である保証はないんですよ。

 

順番は逆で、徹底的に自分と向き合いましょう。あとはそれに合わせて業界をピックアップするだけです。

自分に向き合うために、強みを確実に知りたい方はこちらも参考になります。

 

f:id:akipippo:20160710221122j:plain

 

2.徹底的にユニークになれ 

ユニークな学生は強いです。採用官大好きです。

今の時代では留学だって起業だって普通ですからあんまり目立たないですよね。

 

でも、

留学×部活(現地で部活に所属してリーグ戦に出る)
留学×起業(現地で他の留学生と一緒に起業する)
と組み合わせた経験を一つでも持っている圧倒的に目立ちます。 

 

いや、そうはいってもこんな事してる学生なんて少ないし、一般からしたら無理な話ですよね。


しかし、ここで言いたいのは、
「ユニークになれ」

ここです。

 

最近、学生の立場ではなく採用の立場になったことがありました。やはり目に留まる学生は、他の学生に持っていない「ユニークさ」を持っています。

 

「話のもっていき方」「間の作り方」「独特な表現」もユニークさの一つです。
勘違いしてほしくないのは、悪目立ちしろ、ということではないです。

 

①を確立し、自分があっている業界の企業を受け、採用官の目に留まらせるための手段です。

自分が持てるユニークさって何でしょう?

 

スポンサーリンク

 

 

3.嘘は絶対につかない、不幸になるだけ 

嘘はばれますよ。本当に。

 

一回面接の採用官をしたぼくでさえ、信ぴょう性なんて、相手の表情、声の強弱、目の動きみれば大体わかります。

 

 

そして相手は人を見る目は長けているので、やるだけ無駄だし、もし騙せたとしても入った後つらいですよ。

だって偽りの自分が採用されて、企業もそのつもりで配属先を決めたりしますからね。

ミスマッチはあなたを不幸にします。等身大で受けて、受かった企業があなたにとっての正解になります。

 

4.最後に

就活のゴールは「自分が幸せを感じられる場所を確保する事」です。

 

なので人それぞれ正解は異なるし、行き着く場所が違うのは当然のこと。

でもそこに行き着くには上記3つのエッセンスは非常に大事になると思うのでシェアしました。

 

2