キャリア支援メディア・ログポース

留学、就活の記事を書いています。you only live onceを軸としたキャリア論を激務で有名なグローバル企業から発信しています。

MENU

留学経験者がTOEICで必ずしも高得点ではない理由

スポンサーリンク

記事を書いた人:ピッポ あとで読む

f:id:akipippo:20161101092322j:plain

こんにちは。
ぼくは、海外の大学に1年間交換留学してました。

 一回しかTOEIC受けてないのですが850点。全く勉強せずに挑んだわけですが、なんとも言えない結果になってしまいました。

一般的に言えば、800点を超える点数は高い部類だと思いますが、一年間いった留学経験者だと?な点数ですよね?

 


当時インターンとかでなかなか忙しくて、全く英語に触れていない時期が続いていたんですよ!(言い訳w)


お前留学経験あるくせにその程度かよ!!と罵声がとんできそうですが、TOEICの特性上まあ納得のいく所感です。

スポンサーリンク

 

 

1.受験英語と実英語

まずお伝えしたいのがTOEICのような受験英語と実英語はまったく違うということ。

 

留学先では最初は苦労したものの、意思疎通はもちろんのこと、ディスカッションやピンでのプレゼン試験をいやというほど経験しました。たまにネイティブの友達と日本に帰ってからも遊んだりしますが会話に困る事は基本的にないです。


そんなぼくのTOEICの内訳をみてみると

長文読解、長文聴解が93%ほど
一方で語彙、文法、短いパッセージの正答率が低い・・・笑

 

 そうなんです。TOEICで900を超える人たちって
この文法や語彙でもパーフェクト近い点数を取り、短いパッセージでも高い集中力をもって、取りきる能力を持っている人たちです。

 

2.勉強した者とネイティブだけが勝つテスト

ぼくの友達で純ジャパの海外経験なしの子のTOEICの点数が920点。

そして彼はTOEICこれまで5回受けています。当然彼は英語が喋れないし、まさしく受験英語ならまかしとけ状態でした。


つまり、TOEIC特有の問題パターンや文法、語彙で十分に対策をたて、さらに複数回受験する事で900の壁は越えて行きます。


それに海外経験あるかないかなんてマジで関係ないです。ネイティブやまれに一発で900超えてくる純ジャパもいますけど少数ですね。

 

3.おすすめ勉強法

そんな海外経験あり850そこらのぼくですが笑、この参考書をおすすめします。

 

 

実際の形式に慣れたい!と思っている上級者向けです。750以上の方が使うといいでしょう。全3回模試形式で、ポイント、解説もかなり充実しています。


ぼくもあと一回うけて900は越さないとなあ、、笑

違う記事で実英語についても触れられればと思います。

 

TOEICは筆記試験ですが、スピーキング能力を高めたい!という方にはコチラをオススメしています。

 

2